印刷版   


10日にイラク安定化国際会議を開催=首相

 イラクのマリキ首相は28日、同国安定化のための国際会議を3月10日にバグダッドで開催することを明らかにした。会議が和解とイラク政府への支持をもたらすよう期待すると述べ、近隣諸国と世界の主要国の参加を呼び掛けた。

 米国は、イランとシリアがイラクでの暴力を助長していると主張しているが、両国はこれを否定。会議が両国と米国の直接対話の場になる可能性もある。

 米国は会議出席を表明しているほか、シリアの国営通信SANAも同国の出席を確認したが、イランは出席を検討中としている。このほかフランスが会議を歓迎し、出席を表明した。

 [バグダッド 28日 ロイター]

 (07/03/01 15:50)  





■関連文章
  • イラク情勢安定化めぐる会議、米英とイラン・シリアが参加へ(07/02/28)
  • イラクからの米軍撤退、期限設定を米国民の過半数が支持(07/02/27)
  • イランへの武力行使観測を懸念─ロシア外相=通信社(07/02/27)
  • 米国防総省、イラン爆撃を計画する特別委員会を設置=米誌(07/02/26)
  • ハリー英王子、数カ月内にイラク派遣=英国防省(07/02/23)
  • イラク駐留英軍、今後数カ月で5500人規模に縮小=英首相(07/02/22)
  • イランは核開発プログラムを継続=アハマディネジャド大統領(07/02/22)
  • 英首相、イラク駐留英軍の撤退開始を発表へ=英メディア(07/02/21)
  • 米国による「イラン攻撃計画」が明らかに=英BBC(07/02/20)
  • 米上院、イラク増派反対決議の採決動議を否決(07/02/19)
  • イラン南部で爆弾が爆発、18人が死亡=国営通信(07/02/15)
  • イラク増派計画、米国民の過半数が反対=世論調査(07/02/14)
  • イラン、試射したミサイルは「大規模な軍艦」を撃沈可能(07/02/09)
  • イラン最高安保委事務局長、独で西側当局者と会談へ(07/02/08)
  • イラク首相、バグダッドでの掃討作戦の準備急ぐよう指示(07/02/07)