印刷版   

中国個人観光ビザの申請を受理開始=観光庁

 【大紀元日本7月2日】政府は7月1日から、中国からの個人観光の入国ビザの申請を受理した。2000年からは、中国の団体旅行者に観光ビザを交付し始めていた。

 中国人への個人観光ビザの交付は北京、上海、広州の三つの大都市の住民に限定する。身元保証の条件として、25万元(約400万円)以上の年収が必要であるという。

 観光庁国際交流推進課の関係者によると、25万元以上の年収は唯一の条件ではない。申請者は、安定した収入または、一定額の貯金などの経済能力を証明さえできれば、日本政府は柔軟に対応する。今回の改正は、中国からの観光客の増加を期待するための措置だという。

 

 
(翻訳編集・叶子)


 (09/07/02 06:43)  





■関連文章
  • 北京市:米国大使館の大気汚染情報、市民が注目(09/07/01)
  • 上海:完成間近の13階分譲マンション、瞬時に完全倒壊(09/06/29)
  • 広州市:テレビで六四など禁止情報放送、中央から懲罰(09/06/23)
  • 中国人密入国を斡旋、台湾史上最大規模の組織を摘発(09/06/21)
  • 中国中南部:暴風雨発生、死者22人・被災人口313万人(09/06/07)
  • 天安門事件20周年、六・四の北京・香港・台湾(09/06/06)
  • WHO:日本人女性が世界最長寿、最短命はシエラレオネ(09/06/02)
  • 米下院議長訪中、デモ防止で直訴者大量逮捕=上海(09/05/29)
  • 知識人よ、覚醒せよ=北京大学経済学教授(09/05/25)
  • 中国著名劇作家、国家権力のための文学創作を批判(09/05/23)
  • 北京で初の新型インフル感染者確認(09/05/18)
  • 中国企業、日本・水源地の買収計画(09/05/16)
  • ミス・ユニバース日本代表、宮坂絵美里が麻生首相を表敬訪問(09/05/16)
  • 日本の現代アート展、上野の森美術館で来週開催(09/05/14)
  • 感染中国人と同乗、「濃厚接触者」10人に異常なし(09/05/13)