印刷版   

9日、バラク・オバマ大統領へのノーベル平和賞授与を発表するヤーグラン選考委員長(DANIEL SANNUM LAUTEN/AFP/Getty Images)

オバマ大統領にノーベル平和賞 選考委員の過半数が反対

 【大紀元日本10月19日】ノーベル賞委員会は9日、オバマ米大統領に平和賞授与を決定すると発表した。ノルウェーのメディア報道によると、決定の過程で選考委員5人のうち3人が反対していた。オバマ大統領は就任9ヶ月未満。実績重視のノーベル賞では異例な選定であり、批判の声が殺到している。

 ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長は「国際的な外交を強化」したことなどを評価してオバマ大統領への平和賞授与を決定したと説明しており、同委員会の秘書GeirLundestad氏はAFPの取材に応じて「委員会メンバーの考えは一致している」と答えている。

 しかし、ノルウェー紙「ベルデンス・ガング」は、15日、「ノーベル賞委員会メンバーの過半数はオバマ大統領への授賞に反対していた」という消息筋からの情報を報じている。

 ノーベル賞選考委員会メンバーの任命はノルウェー国会が行う。報道によると、オバマ大統領への授賞をめぐって、ノルウェーの与党・労働党の指名を受けた委員二人の賛成に対して、連立与党を組む左派社会党と野党の指名を受けた委員三人は最初から反対していたという。

 今回のノーベル平和賞決定に関しては、世界から批判の声が相次いでいる。

 「ウォールストリートジャーナル・ヨーロッパ」の副編集長イアン・マーティン氏は、オバマ大統領が「将来に世界平和をもたらすよう頑張る」と述べただけで受賞できたのはおかしいと批判している。「実績はまだ見えない。ヒラリー・クリントン長官との息の合った仕事ぶりや核ミサイルシールド設置の中止、イラン人への容認、アフガニスタン追加派兵などが、受賞の理由になるのか」と同氏は首をかしげる。

 フランス紙「フィガロ」のウェブサイトによるアンケート調査では、64%が今回の授賞を納得できないとしており、またスペイン紙「ディー・ディー・ヴェルト」の調査では、91%がオバマ大統領への授賞はまだ早いと回答している。

(翻訳編集・楊J)


 (09/10/19 06:53)  





■関連文章
  • ノーベル経済学賞に米教授二人、女性受賞者は初(09/10/15)
  • 知りたくなるノーベル賞の雑学(09/10/08)
  • ケネディ家の最後の政治家、エドワード上院議員逝去(09/08/28)
  • ノーベル平和賞受賞者17人 核なき世界へ「ヒロシマ・ナガサキ宣言」(09/08/20)
  • 故金大中・元韓国大統領、国葬に決定(09/08/20)
  • サルコジ仏大統領、ダライ・ラマと会談(08/12/10)
  • メルケル独首相、胡佳氏「サハロフ賞」受賞歓迎示す(08/10/25)
  • 中国人権活動家・胡佳氏、ノーベル平和賞落選=各界から遺憾の声相次ぐ(08/10/14)
  • ロシアの良心、故国の土に還る(08/08/08)
  • 世界で最も込み合う宴、ノーベル賞晩餐会(07/12/19)
  • ダライ・ラマ:漢民族のチベット大量移入、「人口侵略」と非難(07/11/07)
  • ミャンマー政権に圧力掛けなければ、北京オリンピックをボイコット=ノーベル平和賞受賞者(07/09/30)
  • 人権活動家・陳光誠の妻、空港で強制連行され行方不明(07/08/27)
  • FRBとECB、市場を落ち着かせる措置取るべき=ノーベル経済学者(07/08/24)
  • ダライラマの豪州訪問問題、「中国は自由政治制度を尊重すべき」=ダウナー外相(07/06/14)