印刷版   

ネットは創造性を表現できる新しいプラットフォーム?北京で(Getty Images)

爆発的人気の動画共有サイトで、「変色」しつつある中国メディア

 【大紀元日本2月20日】陶相礼(タオ・シァンリー)は、安徽省阜陽県出身の普通の農民工だった。しかし現在、メディア取材への対応に忙しい「09年度中国で最も有能な発明家」だ。昨年9月、自分で集めてきたスクラップで作った潜水艦を北京郊外の貯水池で運航したところ、通りかかった人がその様子を撮影し、国内の動画共有サイトに投稿したのがきっかけで、一夜にして有名人となった。

 中国では、Youku.com(優酷)とTudou.com(土豆)のような動画共有サイトで紹介されることで、多くの人が一夜で有名になっている。中国版Youtubeのような存在である中国国内の動画共有サイトの大半の内容は、国内外の映画やテレビ番組である。しかし、ますます多くの人がカメラで周囲の世界を撮影し、他の人と分かち合おうとしている。街頭の歌手から現実社会に対する創意あふれる批判まで、題材は多種多様。創意的な人材を輩出するプラットフォームになりつつある。

 21歳の任月麗(レン・ユエリ)さんは、地下鉄の駅で歌いはじめてすでに4年。観客から受け取ったお金の大半は河北省にいる身体障害者の両親に仕送りしているという。北京の地下鉄で歌う彼女の映像がビデオ共有サイトで公開されて以来、そのアクセス数は300万回を突破した。彼女はいまレコード会社と契約し、地元のテレビ局にも出演している。

 抱負に満ちた俳優、映画監督、漫画家たちも作品をアップロードする。例えば、康広書(カン・グアンシュー)さんが制作した6分間のアニメ動画は、Youku.comでアクセス数40万回を突破した。「もう一人の私との対話」と題するこの動画は、障害者の児童への理解と一人っ子世代の孤独に焦点を合わせている。

 康広書さんの上記の作品を含め、サイト上でこのような作品が人気を集める理由は題材にある。中国ではインターネット検閲は依然として厳しいが、主流メディアが避けるような、中国政府の路線からずれるような話題を、映像の製作者たちは斬新な方式で提示する。

 このような動画共有サイトは、中国のメディアに「抜本的な変革」をもたらすと専門家は指摘している。12日付けの報道で、CNNは、中国でビデオ共有サイトが爆発的な人気を集めている現象について、「メディアがコントロールされ、主流でない表現方式が極少数に限られている国では、動画共有サイトは抑圧された創造力の宝箱だ」と評している。

 「インターネット依存症の戦争」という64分間の動画作品は、この一例。同作品はゲーム魔王の世界の仮想を通して、中国当局のネット検閲などの制度を批判している。1月21日にYouku.comで公開されて以来、アクセス数が1千万を突破した。

 「インターネットでは、人々はある程度自由に見解を表現できる」と26歳の動画製作者である易振興(イ・チェンシン)さんは語る。「ネットは社会の現実の誠実な記録だ」という。

 易振興さんは23回のシリーズ動画を制作。実際の人物や架空の人物を通して、政治問題や時事を隠喩し、議論する。Tudou.comで公開したこの作品は200万のアクセス数がある。

 Youku.comの創始者である古氏は、「13億の人口を有する国の歴史的な転換期において、今後ますますおもしろい人間やおもしろいものが生み出されるはずだ」と語っている。

(翻訳編集・叶子)


 (10/02/20 08:29)  





■関連文章
  • ツイッター社、中国のネット検閲に挑戦(10/02/08)
  • 若者がマルチメディアに費やす時間、1日7時間以上=米調査(10/02/05)
  • グーグル事件は「氷山の一角」 米国への中国版サイバー攻撃の10大事件(10/02/01)
  • 09年中国ネット検索回数伸び率、世界水準を下回る(10/01/28)
  • 中国検索最大手「百度」、COOとCTOが辞任(10/01/20)
  • 天安門事件閲覧可能に、北京当局へグーグルの挑戦 中国で言論自由の躍動に(10/01/15)
  • 「長城の壁が崩壊?」 中国のネット検閲が一時ダウン(10/01/08)
  • メディア・サミット開催で、北京は世界のメディアを操作=独立派中国人ジャーナリスト(09/10/15)
  • 「世界メディアサミット」閉幕、中国当局の海外メディア戦略か=北京(09/10/13)
  • 世界メディアサミット、同床異夢の北京当局と世界大手(09/10/13)
  • 世界初のマルチメディア切手「唐詩三百首」が発売(09/09/29)
  • 米紙媒体、相次ぐ倒産 大紀元新聞社頭角を現わす(09/08/28)
  • 検閲ソフト「グリーンダム」の搭載義務化、見送りへ=中国(09/08/15)
  • オンライン・ニュースサイト全面有料化 米メディア王、マードックの決断(09/08/09)
  • ウイグル抗議事件:海外メディア記者、中国当局の真意を読み解く(09/07/10)