大紀元時報

【紀元曙光】2021年1月1日

2021年01月01日 00時01分

天の岩戸が開き、我が国を象徴する太陽神が現れるように、新年が明けた。
▼日本人は「お天道様」に恥ずかしくない振る舞いを心掛けることで、世界でも模範的な社会秩序を保ってきた。宗教のような教義ではないが、明るい陽光に照らされることが何よりの身体浄化であり、未来への活力となる。日の本の祖国を、我らは愛す。
▼ただ、人の世はもろく、移ろいやすいものでもある。年の始めから過去を振り返るのは憚られるが、オリンピックへの期待に浮かれていた昨年の元旦の時点では、2020年の日本と世界が、これほど巨大な苦難に遭うとは誰も想像していなかった。空の太陽がなくなってしまったような未曽有の一年だった。大切な人を突然亡くした悲しみはあまりにも大きく、一時的とはいえ国家経済が心肺停止した苦しさを、私たちは身に染みて知った。
▼昨年、日本人が涙を流しながら歯を食いしばって耐え、懸命に生き抜いた今、こうして新しい年を迎えた意義は、例年の元旦に比べても、大きいのではないかと思う。昨日、つまり大晦日の、東京都のウイルス新規感染者は1337人。全国的にも感染拡大は加速的増加傾向にある。連続する「過去最多」に驚きはしないが、このような逆境から始まる新年というものを、日本人は初めて経験することになった。
▼大紀元は、読者の皆様を必ずお守りする。神とともに歩む我らの歩調は、いささかも揺るがない。
▼宇宙の悪魔は、いま断末魔のあがきの中にある。最後にすさまじく暴れているが、いずれ正邪の戦いの決着がつく。畢竟、滅ぶべきものが滅ぶのである。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^