大紀元時報

【ほっこり池】お父さん鯉

2021年5月7日 13時35分

 歌川広重の『名所江戸百景』。水道橋駿河台の一景には、画面いっぱいの真鯉(黒鯉)が描かれています。

 下に流れる神田川。遠くには富士山。鯉といっても水中の魚ではなく、五月の江戸の空を元気に泳ぐ「鯉のぼり」です。緋鯉(ひごい)の鯉のぼりは、ありません。懐かしい唱歌では「大きい真鯉はお父さん。小さい緋鯉は子どもたち」で、お母さん鯉は入っておらず、まだ家族としてのワンチーム鯉にはなっていなかったようです。

 そういえば昔、学校で父兄会だったものが父母会になって、今は保護者会。もちろん時代とともに名称が変わり、その概念も変えなければならない事物は多いでしょう。クレヨンの「はだ色」も今はないそうですね。

 「でも、変わらぬ風景もあっていいんじゃない」と、今では珍しくなった鯉のぼりを見上げて、つぶやいています。

(慧)                                                          

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^