あなたはこの中で誰が最も役職が高いと思いますか?(大紀元)

【心理テスト】誰が一番偉そう? どれを選ぶかであなたの外面と内面がわかる

見た目も違えば、姿勢も違う5人の男女。 それぞれ違う仕事着を着てカバンを持っています。あなたはこの中で誰が最も役職が高いと思いますか? どれを選ぶかで、あなたの個性が内と外、両面からたちどころにわかります。


 

5人とも髪の色が違い、3人の女性は髪の長さも違います。 よく見ると、5人のジェスチャーの違いから、異なるメッセージも見えてくるようです。まずは直感で、その人を選んでくださいね。

 


 

もう選びましたか?


 

ここでもう一回見てみましょう。衣装の組み合わせとか、姿勢とかどうですか?


 

最終決定したら、一緒に答えを見てみましょう。


 

Aを選んだあなた

(大紀元)

他人に見える個性

あなたはにこやかで、ちょっとしたことでも笑顔になり、周りに笑顔を振りまくことができます。

またとても愛情深く、自分が心から信じている人には心を込めて接します。 一方で興味ない人には冷たく、また愛する人に対して感情的です。

あなたは人から受けた優しさは忘れません。恨みだけでなく好意も返すようになっています。

あなたはとても一途で、一度本当に好きになったら、失望するまで献身的に尽くすでしょう。

誰にも見えない個性

あなたは他人から見下されたくなく、プライドが高いです。

その一方、あなたはよく他人のことを考え、それに合わせて自分を変えようともします。

誰もあなたには簡単に近づけず、お互いを知るまでは心を開かないでしょう。

あなたはやや忘れっぽく、恨みを買わない性格です。 自分の原則に触れない限り、ちっとも気にかけないです。

身近な人でなければ、自分の良いところに気づくことはできません。

 

Bを選んだあなた

(大紀元)

他人に見える個性

傷つきやすいところを見られたくないあなたは、楽観的でポジティブ、そして困難に直面しても勇気を持っているように見えます。

あなたは信頼できる義理堅い人で、他人から受けた恩を何倍に返します。

谁にも見えない個性

本当のあなたは、自分よりも友人を大切にします。

そして他人に迷惑をかけたくないので、自分で何でもやっています。

あなたは多くのことに寛容で、気にしていないかのように振る舞うことが多いのですが、実際には心の中で時々不快感が出て、機嫌が悪くなることもあります。

 

Cを選んだあなた

(大紀元)

他人に見える個性

あなたは聡明で責任感のあるリーダー的性格で、人々からとても尊敬されています。

皆からも信頼され、頼まれたことを断ることはありません。

外見は冷たそうなあなたは内面は暖かいのですが、よく知らない人に対して非常に距離を置くことがあります。

誰にも見えない個性

あなたは一見すると強い人に見えますが、内面的に実はちょっと脆い人です。

自分のことをしっかり理解してくれる人が少なく、親密な友達も少ないです。

あなたは少し怠け者で、賢い方法で物事を進めるのが好きです。 あなたは友人を大切にし、愛することも憎むこともできる勇気を持っています。 好きになれない人は、気にしません。

 

Dを選んだあなた

(大紀元)

他人に見える個性

第一印象では、ちょっと付き合いづらい。周りの人に一匹狼のような印象を与えているかもしれません。

しかし、実際のあなたは友人に対して非常に優しいです。また責任感も強く、犠牲を払うことを恐れません。

誰にも見えない個性

ちょっぴりミステリアスな面があるあなたは、自分の中で何が起こっているのか、常に人に知ってもらいたいと思っています。

あなたは完璧主義者で、何をするにもベストを尽くしたいと思っています。

また人間関係や友人関係には少しうといところがあり、相手を信頼できるまでは距離を置いています。

 

Eを選んだあなた

(大紀元)

他人に見える個性

誰でも気さくに付き合えるあなたは、一旦引き受けたことはやり遂げるし、またやり遂げる実力も持ち合わせています。

あなたはえこひいきすることもなく、誰に対しても平等です。

あなたは普段からやる気にみちており、意志が強い人です。

 

誰にも見えない個性

あなたは心優しく親切で、任されたことは嫌でもやろうとします。人当たりはソフトですが、他人からの不信感や挑戦は許しません。

そんなあなたは、時に「正義のために戦わねば」と思い、偽善や嘘、ごまかしを許さない正義感の強い人です。

その一方で心が優しく、たとえ自分が傷ついても、相手が謝れば思わず「大丈夫」と言ってしまいます。

どんな事が起きても気にすることもなく、無頓着なようにも見えますが、実は何も知らないふりをしているだけで、他人には寛容なのです。

 

(翻訳・柳あきら)