ポンペオ前国務長官の今「40kg減量。ますます元気です」

コメント

ちょうど1年前にあたる、アメリカのトランプ前大統領政権時の2021年1月19日。

新疆ウイグル自治区におけるウイグル人への弾圧を「ジェノサイド」と認定し、中国共産党政権の暴虐に対して、毅然たる態度を突きつけたのはマイク・ポンペオ国務長官(当時)でした。

半年で40kg減量する

そのポンペオ氏が今、ちょっと「話題の人」になっています。

前職退任後、昨年2月1日からシンクタンクのハドソン研究所に所属しているポンペオ氏ですが、なんと「半年間で40kgの減量」に成功したのだそうです。

ポンペオ氏は昨年6月、体重が300ポンド(136kg)に迫るのを見て、これは何とかしなければ、と思い切った減量を始めました。

その結果、わずか6か月で、なんと90ポンド(40kg)の減量に成功したのです。

このほどポンペオ氏は『ニューヨーク・ポスト』で、「運動して、健康的な食物をとる」自身のダイエット体験を披露しました。

その要点は、以下の2つです。
 

1、十分な運動

自宅の地下室に簡易フィットネス・ルームを作り、様々な重さのダンベルを用意。
週に5~6回、1回30分くらい筋トレ運動をします。
 

2、食事の改善

高カロリー食品の摂取をやめて、健康的な食事に替えます。

炭水化物は少なめに食べます。フライドポテトやチーズバーガー、砂糖を含む食品は食べず、栄養バランスの良い食事メニューをそろえます。

家族との食事でも、自身はサラダを中心に食べて、卓上のスパゲッティ、パン、チーズやデザートには触れません。

サラダを食べながら、「もう以前のように2人前は食べないぞ」と自分に言い聞かせたそうです。

ポンペオ氏は、「この2つの方法を実行してから、体重が減り始めたことを発見したよ」と言います。

(驚き!ポンペオ氏の現在の姿はこちらから)

現在、ポンペオ氏のダイエット前後を比較した写真がネットで拡散され、多くの議論とともに、羨望のまなざしが注がれています。

ともかく、運動と食事の改善で減量できたならば、それは「理想的なダイエット」と呼んで良いのではないでしょうか。

まだまだ58歳。今後のご活躍を期待する意味でも、どうぞお元気でいてください。

(翻訳編集・鳥飼聡)