あなたの関節を守る「25種の食物と栄養素」(1)サプリメント10種

コメント

人の関節は、加齢にともない動きが硬くなり、痛みさえ感じるようになります。
なかには、雨の日に痛みが強くなる人もいます。

今、肘や肩の関節に問題を抱えている人は、若いときに激しすぎる運動をしたためかもしれません。あるいは、中年になってからの肉体労働で腰や膝を酷使したことにより、現在の痛みを引き起こしているかもしれません。

そのような関節炎の原因はさまざまですが、いくつかの食品や栄養素を食事から補給することにより、関節の問題を改善することができます。

以下に、「関節を元気にする25種の食品とサプリメント」をご紹介します。(10種のサプリメントと、15種の食品に分けて挙げます)
毎日の食生活のなかで、これらの食品や栄養素を意識して摂るようにしてください。

あなたの関節の悩みが解消されれば、それだけでも人生が明るくなったように感じられることでしょう。

1、カルシウム
カルシウムは骨や関節の健康に重要な栄養素です。カルシウムは、ビタミンDなどの他の栄養素とともに、関節の強さを保ちます。

健康な人は1日に1000ミリグラムのカルシウムを摂取する必要があります。摂取量が足りない場合は、サプリメントの利用を検討してみてください。

2、コンドロイチン
コンドロイチンは人体の軟骨内の物質で、衝撃に対して関節がクッションの役割を果たすことを助けます。

コンドロイチンは、グルコサミンと一緒に服用でき、関節の痛みを和らげるのに役立ちます。サプリメント製品ではコンドロイチン硫酸と呼ばれています。

3、ショウガ(サプリメント)
生薬にもなるショウガ(生姜)には、消化を助けたり、胃腸の不調を緩和したりする効果がありますが、意外なことに関節の健康維持にも役立つのです。

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で行われた研究では、プラセボ(試験用偽薬)を飲んだ被験者に比べ、ショウガのサプリメントを服用した被験者の40%が「関節のこわばりと痛みが改善された」と答えました。

4、グルコサミン
グルコサミンは軟骨組織内の化合物です。軟骨組織は、衝撃に対して関節がクッションの役割を果たすのを助ける部分です。

加齢とともにグルコサミンの量は減少します。グルコサミンのサプリメントを摂取すると、関節の健康維持に役立ちます。

5、マグネシウム
関節の健康に対するマグネシウムの利点は、広く実証されています。
ある専門誌に2018年に掲載された論文では、マグネシウム摂取量の不足と関節機能の低下や変形性関節症との関連性が示されています。

6、MSM (メチルスルホニルメタン)
メチルスルホニルメタンは、人や動物、および植物にも含まれる有機硫黄化合物であり、関節炎などの炎症および痛みの緩和に用いられます。

7、オメガ3脂肪酸
魚には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
これらの物質は、体が炎症に対抗する化学成分を作り出すのに役立ちます。

8、ウコン(サプリメント)
ウコンに含まれる活性成分はクルクミンで、抗炎症作用があり、関節炎による痛みを和らげる効果があります。

 

ウコンは抗炎症、抗酸化効果があります。(shutterstock)

 

9、ビタミンD
日光に当たることは、体内でビタミンDを自然合成するために必要です。
ビタミンDは、体がカルシウムをよりよく吸収し、骨の強度を維持するのに役立ちます。

ただし、十分な日光を浴びることができない人は、ビタミンDのサプリメントを服用するという方法もあります。

10、ビタミンK
ビタミンKは、ビタミンDと同様に、体がカルシウムを代謝するのに必要な栄養素です。
(次稿に続く)

(翻訳編集・鳥飼聡)