愛の喪失が瞬時に免疫システムを破壊する力は驚異的である(上)

重度の精神的損傷は、体の免疫システムを即座に崩壊させます。特に、愛を失った女性や夫に裏切られた女性は、過度の悲しみから数時間で免疫細胞の約80%を失います。重症化すると恐ろしい免疫疾患「エリテマトーデス」になることもあります。被害は人々の想像をはるかに超えており、ネガティブな感情を抑えて過ごすことが一番の対処法です。

失恋症候群

別れた後の落ち込みや悲しみは、免疫力を急激に低下させ、風邪が引きやすくなります。アメリカの免疫学者の研究結果では、この症状は過度の悲しみと大量のホルモンの刺激が原因であると結論付けられています。しかし、人々はそれを深刻に受け止めず、どれほどダメージを与えるかを認識していません。

昔から「失恋は心が痛む、心を砕く」と言われていますが、決して大げさではありません。一見、目に見えないようにみえる感情も、実はエネルギーの物質存在で、瞬時に経絡を塞ぎ、外来のウイルスや細菌よりも恐ろしいのです。古代の中国医学は、悪い感情は直接内臓を傷つけ、気血の流れを乱し、逆流させ、病気の重大原因であると結論付けられていました。

これは、外から侵入してきたウイルスが内臓に入るには、体の防御システムの層を突破する必要があるのに対し、感情によるダメージは外から内へ向かうことがなく、直接内臓に生じるからです。

失恋という感情的なダメージを心が受けると、たちまち心臓に異常をきたし、突然死することもあり、現代医学ではブロークンハート症候群という病名がついています。愛の喪失が、本当に心を傷つけてしまうことは明らかです。失恋は本当に心が壊れるのです。私たちの心は、大きく傷つくと、気や血の流れが逆流し、免疫システムが直接損傷を受けています。

なぜ「エリテマトーデス」は女性を対象とするのか

この病気は、英語で(systemic lupus erythematosus)といい、SLEと略して呼ばれます。systemicとは、全身のという意味で、この病気が全身のさまざまな場所、臓器などに、色々な症状を引き起こすことを指しています。

lupus erythematosusとは、皮膚に出来る発疹が、狼に噛まれた痕のような赤い紅斑であることから名付けられました。発熱、 全身倦怠感 などの 症状と、関節、皮膚、そして腎臓、肺、中枢神経などに、さまざまな症状が一度にあるいは経過とともに起こってきます。その原因は、今のところわかっていませんが、免疫の異常が病気に重要な原因を与えていると考えられています。

多くの研究が世界的に行われていますが、残念ながら今のところその原因は分かっていません。自分自身の体を、免疫系が攻撃してしまう病気であるということは明らかです。

本来なら、免疫は、細菌やウイルスなどから自分自身を守ってくれる大切な役割をしているのですが、この病気にかかると、免疫が自分の体を攻撃するようになり、全身にさまざまな炎症を引き起こします。患者さん自身には細菌やウイルスに対する免疫はあります。ただ、免疫に対する治療で免疫系全体が抑制されてしまうと、感染しやすくなります。

現代医学では、原因不明の難病とされています。中医学の立場では、その原因は女性の過度の悲しみ、心の激しい刺激、気と血の逆行によるものとされていますが、このことを人々はまだ認識していません。

この病気のもう一つの非常に顕著な特徴は、女性に多い病気だということです。罹患者の90%が女性、特に出産適齢期の女性で、月経が止まってしまうこともあります。免疫系の異常と出産適齢期の女性の月経停止という2つの要因が、この病気の出産適齢期の女性の心の傷に直接関係しているとは、想像もしなかったことでしょう。

(つづく)

白玉煕
文化面担当の編集者。中国の古典的な医療や漢方に深い見識があり、『黄帝内経』や『傷寒論』、『神農本草経』などの古文書を研究している。人体は小さな宇宙であるという中国古来の理論に基づき、漢方の奥深さをわかりやすく伝えている。