THE EPOCH TIMES
神韻

台湾の元総統夫妻「中国各王朝を表した舞台」

2018年03月29日 17時20分

米ニューヨークの権威ある舞台劇場リンカーンセンターで、満席公演を続けた神韻芸術団は現在、台湾ツアーを展開している。2000年から2008年にかけて台湾総統を務めた陳水扁氏は、夫人とともに、3月14日に台湾の高雄文化センターで行われた公演を鑑賞した。

呉淑珍夫人は「パフォーマンスの質は台湾でよく知られています。世界レベルです」と述べた。「美しさのみならず中国の歴史が含まれています。舞踊、衣装など、非常に繊細に各王朝の栄華を表しています」と付け加えた。

神韻芸術団は「蘇る五千年の伝統文化」をテーマに、在米華人を中心とした芸術家らが、ニューヨークで2006年に結成した。古典舞踊を舞うダンサーと、東西楽器を組み合わせた専属オーケストラを擁する。 2018年ツアーでは、およそ160の世界各都市をめぐる予定だ。日本ツアーは4月中旬から始まる。

呉夫人は、鑑賞した演目の中でも、人類の普遍的なテーマである「善悪の判断」には強い印象を受けたと語った。「舞台で示される慈悲や思いやりといったテーマには感動しました。どんな時も、善良さが悪を圧するのです」

神韻芸術団は台湾7都市で34回公演する。ツアー開催に際して、蔡英文総統や100人以上の台湾総督府関係者から歓迎メッセージが送られた。

舞台演目は、中国典故や、台湾、チベット、モンゴルなど地域の民俗芸能を取り上げたショートストーリー仕立てとなっている。他にも、独唱や単独二胡演奏など。一公演で、人類文明の栄華を包み込んだ中国芸術を贅沢に堪能できる。

2018年の神韻日本公演は4月17日~5月2日、東京、宇都宮、川口、名古屋、西宮、京都の6都市で行われる。

東京、宇都宮、川口、名古屋、西宮、京都の6都市で公演する。チケットは専用オンラインサイトで詳しい日程と公演時間を確認でき、座席を選んでチケット購入ができる。ぴあなど各種チケットサービスでも神韻のチケットを取り扱っている。

神韻芸術団 チケット購入ページ(外部リンク遷移します)

東京  4月17日~19日 文京シビックホール
宇都宮 4月21日 宇都宮市文化会館 大ホール
川口  4月23日~24日 川口総合文化センター リリア メインホール
名古屋 4月25日~26日 名古屋国際会議場 センチュリーホール
西宮  4月27日~28日 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
京都  5月1日~2日 ロームシアター京都 メインホール

(編集・甲斐天海)

関連キーワード

関連特集

^