印刷版   

イラン核問題解決に向けた交渉、米国抜きで開始の可能性=独誌

 最新版の独週刊誌シュピーゲルによると、フランス、英国、ドイツの3カ国(EU3)は、イランがウラン濃縮活動を停止しなくても、同国の核問題解決に向け、交渉を再開する方針という。米国は参加しないとしている。

 イランはこれまで、ウラン濃縮は発電目的に限定しているとして、活動停止を拒否している。

 同誌は匿名のドイツ外交筋の話として、この新たなアプローチは、6月に主要6カ国がイランに提示した包括的見返り案の協議の場に同国を引き出すのが狙いだとしている。

 また、EU3によるイランとの事前交渉の開始には、欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表とイランのラリジャニ最高安全保障委員会事務局長の協議がポジティブな結果をもたらすことが必要と指摘。

 米国については、イランが完全にウラン濃縮を停止しない限り、同国とのいかなる交渉にも参加しない見通しだ、としている。

[ベルリン 23日 ロイター]

 (06/09/25 09:16)  





■関連文章
  • カナダ外務省前局長、米議会議事堂で記者会見、臓器狩りについて中国当局に反論(06/09/24)
  • 外国中銀の米財務省証券・機関債保有高、前週比130.4億ドル減(06/09/22)
  • 米GMとルノー・日産の3社提携、実現の可能性小さい=S&P(06/09/22)
  • イランの核開発問題、EUとの交渉は正しい方向に進んでいる=イラン大統領(06/09/22)
  • 米上院、対中制裁関税法案を可決する可能性高い=財政委員長(06/09/22)
  • 米政府、タイに民主主義の早期回復を促す(06/09/21)
  • 米カリフォルニア州、温室効果ガス排出で自動車メーカー6社を提訴(06/09/21)
  • 米財務長官、中国に対し経済改革の加速化を要請(06/09/21)
  • 米FOMCがFF金利を予想通り据え置き、インフレ懸念は示す(06/09/21)
  • 東京基督教大学教授・西岡力氏講演、「激動する朝鮮半島」(06/09/20)
  • イランが核問題引き延ばすなら安保理制裁を検討=ブッシュ米大統領(06/09/20)
  • イラン、ウラン濃縮活動停止を受け入れたとする見解は西側諸国の誤解(06/09/19)
  • 米議員ら、胡錦涛総書記に連名書簡、中国の人権擁護活動家への迫害中止を要求(06/09/18)
  • EUとイラン、核問題で14日に協議(06/09/14)
  • 米国、EU:中国の報道規制新法令の発動に異議(06/09/13)