印刷版   


米中貿易摩擦、来年激化する可能性=ラビン米商務次官

 ラビン米商務次官(国際通商担当)は8日、訪問先の香港で講演し、米国と中国の貿易摩擦は来年、激化する可能性があるとの認識を示した。中国が外国からの投資を規制する動きに出ていることや、米中間選挙を受けた不透明感をその理由に指摘した。

 同次官は「通商関係で来年、対立が高まる可能性がある」と述べた。

 過去最大となった米国の対中貿易赤字はそれ自体は問題ではなく、米企業による中国市場へのアクセスに障壁がある点が問題としている。

 また、民主党が上下院をおさえる結果になった米中間選挙が、今後の米中関係にどう影響するのかについては不透明だ、との認識を示した。

 同次官は、中国は過去2年間で、海外からの直接投資が中国経済に果たす役割について、まちまちの姿勢を示すようになったと指摘。投資の選別を厳しくし、必ずしも市場の力を尊重していないとも述べた。

 [香港 8日 ロイター]

 (06/12/08 22:56)  





■関連文章
  • 中国の投資伸び率、07年は25%に=エコノミスト(06/12/04)
  • 数年内に対越850億円投資へ、財界幹部が日越首脳会談に同席=政府筋(06/11/20)
  • 米ワーナー・ブラザーズ、中国の映画館投資を中止(06/11/14)
  • 中国の外貨準備、原油戦略備蓄などに分散すべき=国家情報センター(06/11/13)
  • ベネズエラ、国内投資向けに中国と60億ドルの基金創設で合意(06/11/06)
  • 中共当局:チェチェン共和国の再建へ、3億米ドルを投資(06/10/23)
  • 中国企業、北朝鮮から撤退の動き(06/10/18)
  • 中国の金融機関、QDIIに基づく海外投資枠の活用わずか(06/09/28)
  • JR東海、リニア実験線の延長などで約3500億円を投資(06/09/26)
  • 商品相場は下がり過ぎ、魅力的な買い場=ゴールドマン(06/09/13)
  • 東京:台湾研究フォーラム、「日台関係セミナー」開催(06/09/11)
  • インドの港建設プロジェクト、中国企業の投資を拒否=インド政府(06/09/09)
  • ドル・金の同時高の裏に、機関投資家のドル不安心理(06/09/01)
  • 米投資家ウォーレン・バフェット氏、76歳の誕生日に再婚(06/09/01)
  • 中国の固定資産投資の伸び、依然速過ぎる=国家統計局当局者(06/08/30)