印刷版   


パキスタン当局、ブット元首相暗殺事件に絡み2人を逮捕

[ペシャワール(パキスタン) 19日 ロイター] パキスタンの治安当局は19日、先月起きたベナジル・ブット元首相暗殺事件に関連し、15歳の少年とその教育係の男の2人を17日夜に同国北西部の町デラ・イスマイル・カーンで逮捕したと明かした。

 2人は同暗殺事件に関連した最初の逮捕者となる。

 治安当局者によると、少年は自分はブット元首相を暗殺するための自爆犯として訓練され、先月27日に別の犯行チームが同首相暗殺に失敗した時には自分が暗殺を行うことになっていた、などと供述している。

 (08/01/21 12:40)  





■関連文章
  • インド首相の訪中、ライバル中国と共通認識を模索か(08/01/12)
  • パキスタン、核兵器監視団の懸念を否定(08/01/10)
  • 動乱のパキスタン、テロとの戦いの渦中に(08/01/08)
  • ブット元首相暗殺が残す疑惑=ムシャラフ政権と中国の関係(08/01/05)
  • パキスタン総選挙、2月18日に延期(08/01/03)
  • ブット後継19歳長男に、混迷のパキスタンに民主の真空埋める(08/01/03)
  • パキスタン選管、混乱受け総選挙を延期する方針(08/01/02)
  • イスラム圏で初の女性首相暗殺、パキスタン民主化難航(07/12/29)
  • ブット元首相暗殺、アルカイダが犯行声明(07/12/28)
  • 『六四詩集』携帯、治安条例違反で逮捕=中国吉林省(07/11/25)
  • 中国の臓器移植:逮捕された日本人斡旋業者、当局の支援アピール(07/10/20)
  • 全世界華人声楽大会:中国当局、参加者3人拘束対象に(07/10/11)
  • 中国当局:党大会前、法輪功などへの大規模取り締まり強化(07/09/26)
  • 中国甘粛省:ダライ・ラマ支持スローガンで、中高生逮捕・拘禁(07/09/23)
  • 中国当局、昨年5千人処刑(07/09/03)