THE EPOCH TIMES

【神韻芸術】真相は自由をもたらす=ハリウッド映画監督

2008年02月05日 17時39分
 【大紀元日本2月5日】ハリウッド俳優兼監督で、ホーム・フィルム賞の創始者でもあるアントニオ・ギリニ氏は、1月18日に友人と共にVIPとしてロサンゼルスのもっとも大きい劇場ノキア・シアターにて開かれた「世界華人新年祝賀祭」の初公演を鑑賞した。ギリニ氏は、中国の伝統文化を表現した演出について熱く語った。すべての演目の中でも「真相は自由をもたらす」との表現が最も印象的であると示し、新年祝賀祭を絶賛した。

 ギリニ氏はVIPレセプション会場で、中国文化に対して尊敬していることから、仕事が多忙でも新年祝賀祭の招待を受けたと語り、「この公演は私にとって、与えられた休息のひと時のようだ」とコメントした。

 世界を股にかけるギリニ氏は、異なる文化によく接しており、「それぞれの文化はそれなりの特別な美がある。中国文化の場合は、その中からすべてを捜し求められる」と語り、「我々は変化の時代に生活しており、政治の統治を打破し、文化の中で生活すべきだ」と主張した。ギリニ氏は、祝賀祭は有益な価値と癒しの作用があると示した。

 前半を鑑賞したギリニ氏は記者に、すべての人に祝賀したいと示した。何故なら、この公演を通じて、自分たちは文化と言う、とても良い武器を手にしたからだと強調した。ギリニ氏は、祝賀祭の舞踊と歌を通じて、中国の新年を祝うだけではなく、世界の新年を祝っていると語った。ギリニ氏は「ここで、種族と宗教の区別がなく、平和に集まっている。それは自分がかつて夢を見ていたことを実感したものだ」と語った。

 ギリニ氏は、それぞれの演目は人々を別世界へ連れ出してくれているようで、それぞれの演目がそれぞれの世界を表していると示した。ギリニ氏は「この文化の最も美しいところとは、その中で自分自身を見つけることができることだ」と称えた。

 ギリニ氏は、新年祝賀祭はしっかりと根を下ろし、今後ますます成長していくのが楽しみだとコメントした。

 
(記者・劉菲、翻訳/編集・豊山)


関連キーワード

関連特集

^