印刷版   


香港で5万人デモ

 【大紀元日本7月3日】香港の政治団体「民間人権陣線」(民陣)が主催する「7.1デモ」が7月1日、行われた。約5万人が参加した。テーマは「同一の夢、同一の人権、政治を民に還元、民生を改善せよ」。

 「民陣」は2002年に結成され、53の民間団体が加盟、労働組合や、宗教団体、学生・婦女団体、少数民族、民主派政党が中心。2003年から毎年の7月1日(注:香港の中国返還日であり、中国当局の軍設立記念日でもある)、大規模なデモを行い、今年は6年目。

 「民陣」の幹部・孔令瑜氏は、今回のデモ参加者数は約5万人と説明、「しかし、参加人数は肝心な問題ではない、最も重要のは、民主的訴求を訴えること」と述べた。

 同氏は、北京五輪の開催により全世界が中国に注目している。中国の人権問題の早急の改善を願っている、と話し、「民主と人権を求めることは、国を愛さないではない。政府に改善・前進を求めるのも愛国に反することではない。間違ったことにも反対しなければ、それこそ、愛国心がない」と述べた。

 デモのスタート地点はビクトリア・パーク、午後3時15分から出発、2時間後、香港特別行政区政府本部に到着し、解散した。


 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/07/03 09:05)  





■関連文章
  • 「子どもたちを学校に行かせて!」=中国人権活動家の妻、悲痛の訴え(08/07/03)
  • 中国広東省:香港企業2万社が閉鎖の可能性(08/07/02)
  • 米政府、中国人権派弁護士らに民主賞授与(08/06/30)
  • 国外亡命の中国当局幹部、ニュージーランドに保護される (08/06/28)
  • 強制送還の中国民主活動家、虐待に耐えられず自殺(08/06/18)
  • 豪州五輪陸上選手ら、大気汚染で開会式不参加表明(08/06/18)
  • 香港:鳥インフルエンザ感染拡大、97年以降最大の危機(08/06/16)
  • 中央に陳情する香港実業家、強制連行される(08/06/14)
  • 暴雨後の香港各地の様子(08/06/12)
  • 鳥インフルエンザ感染確認、香港・中国家禽輸出入禁止=香港(08/06/09)
  • 暴雨で500ヶ所以上が浸水、2人死亡=香港(08/06/09)
  • ランタオ島、大雨により水電中断=香港(08/06/09)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 六四天安門事件19周年、追悼集会に5万人=香港(08/06/06)
  • 五輪トーチリレー:香港民間団体、警察の対応を非難(08/05/10)