印刷版   

【中国伝統文化】悪に対して善で返せば、憎しみも消える

 【大紀元日本8月9日】中国明の時代、常州に呉子恬(ご・してん)という人がおり、彼には孫氏という非常に賢明で優しい妻がいた。呉子恬の継母は、彼に対して非常に意地悪で、彼は時に継母からのいじめに耐え切れず、妻の孫氏に訴えることがあった。そんな時、孫氏は、呉子恬を慰め、彼が継母に対して礼に反することをしないように努めた。

 呉子恬の父親が死ぬと、継母はすべての財産を奪い、実の息子に譲った。また、広大な農地を実の息子に与え、ほんの一握りの痩せた土地を呉子恬に与えた。呉子恬は怒りを抑えきれず、義理の弟(継母の実の息子)に訴えたが、聞いてもらえなかった。妻の孫氏は、再び呉子恬をなだめ、継母のあからさまな不公平ぶりを責めないよう説得した。孫氏は、たとえ今は貧乏であろうとも、懸命に働けば将来はきっとよくなると夫を慰めた。

 孫氏の言葉に、怒りを飲み込んだ呉子恬は、それ以降不平を言わず、一生懸命に働いた。呉子恬が譲り受けたのはわずかな痩せた土地だったが、2人は力を合わせて丁寧に土地を耕した結果、10年も経たないうちに裕福な家庭を築いた。一方、義理の弟は、賭博にのめり込んで全財産を食いつぶし、親から受け継いだ広大な土地も荒らしてしまった。全てを失い、住むところもなくなった義理の弟と継母を忍びなく思った孫氏は、二人に家に引き取るよう説得した。孫氏は、「恨みに善を持って返そう」と提案したのである。

 善には善の報いがある。孫氏の3人の息子は、その後皆科挙に合格し、大成した。

 中国には、「悪に対して恨みを持って返せば、いつその因縁が終わるのか?」という言い方がある。悪や不正に対して恨みで返しても、その問題は決して解決しない。ただトラブルが増幅し、終わりのない憎しみの応酬が続くだけだ。もし、意地悪で冷酷な扱いに対して、善を持って返し、寛容な心で対処すれば、悪縁が善解し、憎しみは溶けるだろう。我々も、孫氏に習って実行してみてはどうだろうか?

 (08/08/09 09:15)  





■関連文章
  • 「全世界中国舞踊コンテスト」アジア太平洋地区予選、8人がNY本選へ(08/07/30)
  • 中国伝統文化の本質を論ずる(中)(08/07/05)
  • 中国伝統文化の本質を論ずる(上)(08/06/29)
  • 【漢詩コーナー】母恩 <母の日に寄せて>(08/05/11)
  • 【現代に息づく伝統文化】民工を信用した王さんの話(08/03/16)
  • 【神韻芸術】本当の中国伝統文化を表現=税理士会理事(08/02/16)
  • 【神韻芸術】伝統文化の復興、帰国者に迫る大陸の追憶(08/02/16)
  • 【神韻芸術】「バレエと伝統舞踊の融合がすばらしい」=プロの映像・音響クリエーター(08/02/16)
  • 【神韻芸術】感動のストーリーと見直すべき伝統、中国伝統文化を再評価(08/02/13)
  • 【神韻芸術】真相は自由をもたらす=ハリウッド映画監督(08/02/05)
  • 中共中央政府官員、ロサンゼルスにて新唐人TV主催の新年祭を観賞(08/01/23)
  • 【神韻芸術】東方伝統文化の「道」に魅了した西洋人(08/01/19)
  • 台湾副総統:「華人の真の文化が伝承できる」=新唐人テレビ主催公演(08/01/16)
  • 【神韻芸術】アラバマ州タスキギー市市長=「これは私へのご褒美」(08/01/06)
  • 【神韻芸術】市民全員に紹介したい=米フロリダ州セミノール郡副知事(07/12/31)