(Getty Images)

「より一打に集中できている」 引退表明後はじめてのツアーを迎える宮里藍に独占インタビュー

 Q それぞれキャラクターが違うペアリングですが、注目してほしいポイントはどこですか?

 宮里 「それぞれナンバーワンになった選手なので、こんなに違う形でナンバーワンになれるんだというところに注目してほしいなと思います。インビもリディアも本当に波がなく、私以上に気持ちが平坦で、見ていて引き寄せられるようなプレーをする2人なので、私もそれにあやかっていいプレーができればいいです。」

 Q 残りのアメリカツアーまだまだ戦いは続きますが、改めて目標を教えてください。

 宮里 「できればなるだけ早く優勝争いに絡みたいですし、特に今大会は3日間なので天気も含めて難しいところはありますが、1ホール1ホール丁寧にやっていきたいです。毎大会が私にとっては最後になるので、悔いのないようにベストを尽くしたいと思います。」 

 Q 以前から『一打一打に集中する』と言っていますが今までと何か変わったところはありますか?

 宮里 「いろんなことを手放せたので、考えていてストレスになっていたことが今はもうないです。逆により一打に集中できています。いろんなことを割り切って、自分のプレーに集中できているので、それはすごくいい方向に向かっていると思います。あとは気負わずに、明日リディアとインビとまわることも緊張すると思うので、いい刺激をもらいながら頑張りたいと思います。」

 宮里藍をはじめ野村敏京、畑岡奈紗、横峯さくら、上原彩子が参戦している「ウォルマートNWアーカンソー選手権」は現在WOWOWで最終日まで連日生中継している。

(編集・柳あきら)