大紀元時報

どの単語が思いつく?簡単にできる性格判断テスト

2019年12月06日 07時21分
(Illustration - The Epoch Times)
(Illustration - The Epoch Times)

スイスの心理学者ロールシャッハが1920年に生み出した有名なインクの染みのテスト。その見え方によってその人の人格が分かるというのは有名です。今までにもロールシャッハのこのインクの染みを見たことがあると思いますが、今回は、染みではなく、とても簡単な文字のテストをしてみたいと思います。友達や家族と気軽に挑戦してみてください。他の人と自分の答えを比べることで自分の考え方が一般的なのかどうか知ることもできます。

Illustration – Shutterstock / xpixel)



深く考えずに、思いついた文字を答えてください。これを見て、どの文字が消えていると思いますか?一番最初に思いついた文字があなたの答えです。それでは、あなたのうちに秘められた人格を探っていきましょう。

「loser」だと思った人

Illustration – The Epoch Times

こう答えた方が自分に自信がないと思っているということはありません。むしろ、人に対して容赦しないタイプの人のようです。思ったことを口にするタイプで、他の人にとってはそれが批判として聞こえてしまうこともあるようです。周りの人はそう思わないかもしれませんが、あなたのその素直さは宝物です。

ただ、真実を口にすることが人間関係において、正しいとは限りません。正直に話をしたら、イライラされることもあるかもしれませんが、あなたはあなたらしさを持ち続けてください。

「lover」だと思った人

Illustration – The Epoch Times

とても元気で生き生きとしていて他の人に興味を持つタイプの人です。周りの人には、いつもあなたが何を考えているか、どうしてそういうことをしたのか、理解されにくいようです。ただ、そういう不思議めいたところがあなたの魅力なのです。周りの人はあなたのその不思議なところに魅力を感じています。

もちろん、あなたが結婚したいと思っている相手も、あなたのそういうところに魅力を感じています。また結婚している方でも、あなたのパートナーはまだまだあなたについて知らない面をたくさん持っているはずです。

では最後に「lower」だと思った人

Illustration – The Epoch Times

こう思った人は自分が他人より劣っているとか優れているとか、常に他の人と自分を比べているような人ではありません。むしろ、他の人の力を借りずに自分の力で物事を成し遂げようとする人です。あなたは障害になるものに立ち向かっていく勇気をいつも持っているので、どんな障害にも負けずどんどん色々なことにチャレンジしていくでしょう。

結果はいかがでしたか?ぜひ周りの人たちともやってみてください!

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^