印刷版   

現行の金融政策維持を決定、賛成6・反対3=日銀決定会合

 日銀は金融政策決定会合で、現行の金融政策維持を賛成6・反対3で決定した。当面の金融市場調節方針は「無担保コールレート(オーバーナイト物)を、0.25%前後で推移するよう促す」とした。

 日銀は、午後3時に「金融経済月報」を公表、午後3時30分から福井俊彦総裁の記者会見を行う。今会合の議事要旨は、2月26日に公表される。

[東京 18日 ロイター]

 (07/01/18 13:15)  





■関連文章
  • 日銀は18日の政策決定会合で追加利上げ見送りの公算=関係筋(07/01/18)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 中国、銀行の預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(07/01/05)
  • 6カ国協議再開、北朝鮮は核兵器放棄めぐり多くの要求提示(06/12/19)
  • 中国が人民元上昇容認しなければ経済を制御できなくなる恐れ=FRB議長(06/12/16)
  • 11月実質実効為替レートは100.8、円高方向の動きは5月以来(06/12/04)
  • ドル一段安ならマネーの流れに変化も(06/12/03)
  • 中国の急成長めぐる問題は是正方向=人民銀行副総裁(06/11/23)
  • ソフトバンク新料金、早期追加利上げに逆風との見方も(06/10/24)
  • 年内利上げの可能性を否定できない=福井日銀総裁(06/10/14)
  • 中国人民銀行、公開市場操作をさらに強化する可能性=新聞(06/10/11)
  • 金融政策は日銀が適切に判断=大田経済財政担当相(06/10/03)
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • 大企業製造業・業況判断DI+24、12月予測+21=9月日銀短観(06/10/02)
  • 金利調整はゆっくり進めていく=福井日銀総裁(06/09/22)