印刷版   

12月1日「世界エイズの日」で、ベルギーテレビ局(VRT社)の中国駐在記者は、河南省で取材時に中国共産党地方当局に脅迫され、殴打、略奪された(/ LIU JIN/AFP/Getty Images)

ベルギーテレビ局記者、エイズ取材妨害受ける=中国河南省

 【大紀元日本12月2日】11月27日、ベルギーテレビ局(VRT社)の駐中国通信記者トム・バンデウェハ氏および撮影隊は、中国河南省で取材した際、地方行政府中国共産党(中共)関係者の妨害を受けた。記者たちは脅迫、暴力を受けた上、略奪された。

 「世界エイズ・デー」(12月1日)に因み、エイズ問題についての報道を行うために、バンデウェハ氏および撮影隊は河南省商丘市を訪ねた。この地区では売血によって感染したエイズ患者は約100万人がいるとされている。

 撮影隊は地元の孤児たちの様子や、エイズ患者へ医療の提供を行う地元密着型の非政府組織(NGO)を取材する計画だった。しかし、撮影隊が地元に到着すると、通知を受けた地方当局と警察は、NGO関係者らに取材協力を禁止し、孤児院の院長を軟禁した。最終的にNGO関係者の一部は当局の禁止を振り切り、記者たちに協力した。

 バンデウェハ氏は「われわれは後、直ぐに装甲車2台に尾行された。1日中、装甲車はわれわれと一定の距離を保ちながら付いて回った。われわれはエイズ患者のインタビュー後、別の村へ移動しようとしたときに、装甲車1台が傍まで近寄って来てわれわれを止めた。20分後、暴漢約10人が現れた。われわれは直ぐに車に逃げたが、暴漢らがわれわれの車を囲い、ビデオテープを強要した。仕方なく、テープを渡したが、暴漢らはさらにわれわれが持っている予備テープ10本も奪った。われわれは最初から最後まで、中国の法律に則り仕事を行っていると説明したが、完全に無視された。暴漢らは、河南省にいる場合、自分たちが法律だと脅迫し、河南省に留まっているとわれわれの体のすべての骨を打ち砕くと脅かされた」と当時の状況を説明した。

 撮影隊は即座にその場を離れ空港へ向かったが、途中で何度も暴漢らに止められ、もっと沢山のテープを強要された。暴漢らは撮影隊全員の所持品を取り調べ、車の中も調べられ、物品は壊された上、撮影隊は暴力を振るわされた。記者たちの携帯電話、現金、電池まで奪われ、ポケットにあるテープも取られた。

 事件後、VRTニュース報道編集長のピーター・カナペン氏は、駐ベルギー中共大使館に宛てた手紙で正式に抗議し、損害賠償、記者・撮影隊およびRVRT社に対して謝ることを求め、国際協定・報道自由の原則に従い、VRT記者が干渉されることなく安全で中国で仕事ができるよう保証することも求めた。

 ベルギー外相カレル・デフフト氏は、駐ベルギー中国大使に対し、覚書を緊急提出した。デフフト外相は、報道の自由は人権保護の上で重要な柱の1つで、政府は報道の自由が尊重されることを確保し、報道の自由を脅迫する暴力行為に断固反対することを強調した。

 
(翻訳編集・余靜)


 (08/12/02 10:46)  





■関連文章
  • ポーランド首相、ダライ・ラマとの会見に積極姿勢(08/12/01)
  • 米ブッシュ大統領図書館建設、人権侵害の北京からの寄付は拒否すべき=米議員(08/11/27)
  • 頻発する集団抗議事件:中国当局、速報で世論制御ねらう(08/11/25)
  • 農民100人が省政府庁舎前で抗議、3人が拘束=中国ハルピン(08/11/24)
  • 中国工商銀行:解雇された銀行員ら、大規模な抗議計画(08/11/22)
  • 中国の「人権行動計画」に疑問=米紙(08/11/17)
  • カナダ=新唐人テレビ放送開始、ハーパー首相特別祝電(08/11/16)
  • 「世界人権宣言」制定60周年を記念して(08/11/10)
  • ダライ・ラマ14世、オバマ次期米大統領に祝意(08/11/09)
  • 中国代表訪台:10万人抗議デモ隊、警察と衝突(08/11/07)
  • 1万人タクシー運転手大規模なストライキ、当局の高圧政策に抗議=四川・重慶(08/11/06)
  • カナダ新内閣発表、経済に重点、民主・自由・人権を強調(08/11/05)
  • 経済報道を制御、取材先指定=北京当局(08/10/31)
  • 口止め料受け取りに列を作る記者、中国炭鉱事故の裏(08/10/30)
  • 世界トップの台湾FPD業界、都内で記者発表会(08/10/29)