THE EPOCH TIMES

【フォトニュース】前原外相がメドヴェージェフ露大統領へ抗議 北方領土訪問を受けて

2010年11月02日 05時32分
 【大紀元日本11月2日】前原誠司外務大臣は1日、ベールィ駐日ロシア大使を招致し、メドヴェージェフ・ロシア大統領が国後島を訪問したことに遺憾の意を表明し、抗議した。

 外務省によると、前原氏の抗議申し入れに対し、ベールィ氏は、ロシアの原則的立場を述べるとともに、(1)同大統領の訪問は純粋な国内問題であり(2)露日関係の悪化は露日双方にとって利益にならない(3)至急、本国に報告する旨を述べたという。

 また菅首相は「北方四島はわが国の領土であるという立場を一貫してとっており、その地域に大統領が来られたというのは大変遺憾だ」と不快感を示した。高橋はるみ北海道知事も「残念で遺憾」と述べ、さらに「毅然とした態度で外交交渉をやってほしい。私の思いとしては首相自ら北方領土を訪問してほしい」と訴えた。

 タス通信などによると、メドベージェフ大統領は訪問先の国後島で、「ロシア人住民が島にとどまれるよう生活水準を「ロシア中央部並みに引き上げる」と述べ、ロシア領として島を発展させていく強い決意を表明、日本の返還要求に応じない姿勢を見せた。

(佐渡)


関連キーワード
^