大紀元時報

子どもを叱るとき 避けるべき7つの場面

2018年12月15日 18時43分

子どもの行いを正すために叱るのは親の責任です。いっぽう、子どもの心は繊細です。大人の叱りは大きな意味を持つため、状況によっては負の影響があるかもしれません。7つの状況は、子供を叱るのを避けた方がよい場面です。

1.対衆不責:人前で叱れば、子供の自尊心を傷つける恐れがあります。

2.悔愧不責:自分の過ちに反省を示しているなら、もう子供を叱らないほうがいいでしょう。

3.暮夜不責:夜寝る前に子供を叱れば、悪い夢に悩まされるかもしれません。

4.飲食不責:ご飯を食べているときに子供を叱ると、食べ物がのどを通らなくなってしまいます。

5.歓慶不責:子供が嬉しく遊んでいるとき、突然叱ればショックを受け、身体に悪い影響を及ぼすかもしれません。

6.悲憂不責:泣いているとき、もう叱らないほうがいいです。

7.疾病不責:体調の悪い時、病気のとき、子供は親から愛情を注がれるのを必要としています。

(翻訳・黎宜明)※看中国から転載

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^