韓信――兵仙(4)なぜ劉邦は項羽を倒せたのか? 韓信の戦略は「隆中対談」の戦略に匹敵する【千古英雄伝】

同じシリーズ

(続き)

楚漢が覇権を争う前、項羽は40万の兵を持っているのに対して、劉邦はわずか3万の兵と馬で項羽の領地に赴きました。経歴的には、項羽は楚国の貴族であり、代々将軍として名声が高かったのに対し、劉邦はただの小さな亭主にすぎません。このような強力な敵を前に劉邦は、どのようにして弱者が強者を打ち破り、天下を統一することができたのでしょうか?

その答えは、韓信が将軍として登壇した日にありました。劉邦は韓信の才能と学識を知りませんでしたが、蕭何の度重なる推薦の結果、韓信を優遇しました。しかし、やはり劉邦は謎が解けず、直接韓信に尋ねます。「蕭は、将軍を何度も我に推薦し、言及しているが、将軍はどのような戦略を持っているというのだ?」。

偉大な大将軍となった韓信は直接答えず、逆に尋ねます。「王は今、天下を統一するために東方を巡って戦っていますが、相手は項羽ではないですか?では、勇気、慈悲、軍事力などの点で、王は項羽に勝るとお思いになりますか」。劉邦は長い沈黙の後に答えます。「正直、それは比較にもならない」。

韓信は劉邦が自分自身を正しく判断する意識を持っているのが分かったので、彼に二度お辞儀をした上で、「私も王様は項羽に及ばないと思います。でも、私は項羽の部下でした。まず彼の性格について話をさせてください」と言いました。

項羽のカラー像,清人繪(パブリック ドメイン)

韓信の見解では、項羽の利点は表面的なものにすぎず、実際には「匹夫之勇」(思慮浅く、血気にはやってただがむしゃらに、腕力を振るうだけのつまらない勇気)と「婦人の仁」(女性の情け深さ)に過ぎない。項羽は一声で何千もの軍隊を怖がらせて地面に倒すことができるが、本当に才能のある人を重要なポストに任用する勇気はない。人に敬意と優しさを持って接し、話し方も優しく、病人には目に涙を浮かべながら食事を与えることもできるが、命の戦いで軍功を上げた者を王位に就かせるべき時に彼は委縮してしまう。つまり、いざ褒賞を与えるとなると、途端に女々しくこれを渋る。これは「婦人の仁」に過ぎない。これは致命的といってよいぐらいの項羽の欠点。と付け加えました。

その上、戦略面では、項羽は天下を支配し、各方面の王に領土を分割しましたが、してはいけない多くのタブーを犯しました。彼は要塞の関中に首都を建設せず、「最初に関中に入る者が王になる」という義帝の合意に違反し、故郷の彭城(さかき)に帰りたいと思っており、また親戚を王に任命し、義帝を江南へ追放しました。

そのため、各地の諸侯たちは不満を抱き、次々と自らの君主を追い払い、自らを王としました。さらに、項羽の軍隊は非常に残忍で、どこへ行っても人を殺し、火を放ち、人々は憎しみを覚えています。
  
したがって、韓信は次のように結論付けました。「項羽は名前だけの君主であり、実際、彼はすでに天下の人々の心を失っています。彼の強硬なパワーは簡単に弱くなる可能性があります」。

「戦う相手のことをよく知り、また自分の状態を良く知れば、どんなに戦っても大丈夫です」。
韓信は、項羽に対する深い分析を通じて、劉邦のために「項羽と反対のことをする」戦略を策定しました。勇敢で熟練した兵士を任命し、征服した都市を功績のあるものに分割し、項羽の専制政治に抵抗する反逆者を集めました。このようにして、劉邦は強力な戦闘能力と堅固な士気を備えた軍隊を構築することができたのです。

具体的な戦闘戦略では、劉邦の東進の第一歩は三秦王朝の土地を征服することでした。そこを守っているのはちょうど項羽に任命された秦王朝の三人の投降将軍であり、三人は関中の兵士たちを率いて長年戦い続けましたが、彼らを欺いて項羽に降伏させました。その結果、項羽は20万人以上の降伏兵を残酷に殺害し、そのことに対して、秦の人々は、この三人に深い憎しみを覚えました。そして項羽が三人を強制的に王や諸侯に任命したことにも、納得していませんでした。

世世代代唄われる名高い将軍の韓信(大紀元資料)

ところが、劉邦が秦に赴くと、彼はもともとの約束で王となり、人々との約束を守り、尊敬されとても人気を博しました。しかし、項羽に権力を奪われ、漢中に押し出されました。したがって、関中の人々は皆、劉邦のために項羽に憤慨しました。韓信は自信満々にこう言います。「もし王が今、東に軍隊を派遣し、三秦の領域に通告すれば、戦わずに関中を取り戻せます」と。

劉邦はこれを聞いて大喜びしましたが、そのとき初めて韓信を本当に知ることができ、「なぜもっと早く知らなかったのか」と後悔しました。韓信は対戦相手の分析から劉邦が天下を征服するための計画を策定し、完璧で非の打ち所のないほどに作り上げました。劉邦はここまで来て韓信に完全に降伏しました。そして、漢王朝の未来を喜んで韓信に委ね、彼の計画に従って、楚漢の覇権争いの序曲を一歩一歩開いていったのです。

韓信の発言は『漢中対談』として知られており、時代を超えて不朽のものとなっており、諸葛亮の『隆中対談』とともに、軍事分析の名著とされ、後世から絶賛されています。 

(つづく)
(參考資料:《史記》)

 

 

柳笛