大紀元時報

(ライフ)10億分の1の捕獲率、食卓を免れた2匹の希少なロブスター

2021年7月11日 10時00分
NPDstock / PIXTA(ピクスタ)
NPDstock / PIXTA(ピクスタ)

珍しいオレンジ色ロブスター2匹が、英国のレストランで命拾いしました。そして今、彼らはバーミンガムのナショナル・シーライフ・センターで新しい家を見つけました。

ケータリングをしているジョセフ・リーさんは、ある日、英国のマーケットで買い物をしていたところ、マックロストアの水槽に、珍しい形のロブスターが2匹入っているのを見かけました。よく見てみると、それは世界でも珍しいロブスターでした。英メディア「South West News Service(SWNS)」によると、2匹のロブスターオレンジ色のカナダ産ロブスターであることが確認されました。当時の店頭価格は25.5ポンド(約3900円)でした。

ジョセフ・リーさんは、ケータリングビジネスのための定期的な仕入れの際に、遠くから2匹のオレンジ色ロブスターを見て、SWNSに次のように語っています。「生きているロブスターオレンジ色のものを見たのは初めてだったので、おもちゃだと思った。(生きた)ロブスターならば、水温が7度未満の特別なタンクに入れる必要がある。もし調理済みのロブスターだったら、そこに入れるはずがない。」

▶この2匹のロブスターの動画を見るには、こちらをクリックしてください。

リーさんは間近で見て、ロブスターが生きていることを確認しました。このロブスターは非常に珍しいもので、1匹捕まえられる確率は3000万分の1、2匹のロブスターが捕まえられ1つの水槽に入れられる確率は10億分の1であることをリーさんは知っていました。「この確率は、3回雷に打たれて、そのたびに生き延びるようなものだ。1匹だけでなく、2匹もそろうなんてあり得ないことだ。」とリーさんは言います。

同店のマネージャーであるアンソニー・バラージさんは、「ナショナル・シーライフ・センターに寄贈した」とSWNSに語りました。一方、リーさんは、「非常に珍しい生物が誰かの食卓に上ることを考えると、耐えられなかった。ケータリングマネージャーと話したところ、シーライフセンターに寄付することになった。驚くべき色をした2匹のロブスターを見て、信じられない気持ちだった。保護されて多くの人に見てもらえるのは、とてもうれしい」と、2匹のロブスターが救出されたことを喜んでいます。

「ナショナル・シーライフ・センターによると、約3000万匹のロブスターのうち、オレンジ色になるのは1匹だけだ」とBBCは伝えています。センターのナタリー・エマーソンさんによると、この奇妙な色をした甲殻類は、カナダか米国で捕獲され、英国に輸送されたものであろうとのこと。イギリスまでの道のりは長いと言われています。

(責任編輯:林妍  翻訳編集:里見)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^