英総選挙、労働党が圧勝、14年ぶりの政権交代

【ロンドン】4日に投開票が行われた英国の下院(庶民院)選挙で、労働党は総選挙で少なくとも326議席を獲得し、保守党の14年にわたる政権に終止符を打った。
2024/07/05 徐天睿

中国発SHEINのロンドン上場 人権団体が阻止訴え

英国ロンドンの裁判所は6月27日、中国新疆での強制労働によって生産されたとされる綿花の輸入について、英国当局が再調査を行うべきだとの判決を下した。
2024/06/28 李言

キャメロン英外交大臣 中国の行動が英国の対中政策を変更させた

6月13日に、かつて首相として英中の「黄金時代」を推進したデーヴィッド・キャメロン英外交大臣は、現在、英国が中国に対して明確に厳しい姿勢を取っている理由、つまり英国の政策変更は、世界情勢の変化と中国共産党の行動によるものであると述べた。砕いていえば、中共を誰も相手にしなくなったのは、自分の撒いた種ということ。
2024/06/17 新唐人テレビ

ロシア核兵器の脅威 米国の核政策議論の始まり(上)

ロシアが最近行った戦術核兵器使用の威嚇を一見すると軽視されがちだが、「ウクライナ国外」の英軍施設への攻撃という状況は、あからさまな警戒とまではいかないまでも、注目を集めるものだ。
2024/05/13 John Haughey

英国防省へのサイバー攻撃は中国共産党のハッカーの仕業だった

習近平のヨーロッパ訪問中、英国防省が中国共産党のハッカー集団によるサイバー攻撃を受けた。
2024/05/07 林燕

米国務長官訪中時 世界各国で中国共産党の海外スパイが次々逮捕

ブリンケン米国務長官の中国訪問の中、アメリカ、イギリス、ドイツは中国共産党に所属するスパイを相次いで逮捕した。現在、国際安全保障に新たな焦点が当てられている。
2024/04/29 新唐人テレビ

ある少女にぬいぐるみをプレゼントした感動するお話

ある少女はイギリスのヨークにあるスーパーマーケット(アルディ)に行った後、そこで売られている新しいぬいぐるみを家に持ち帰ることを夢見ていました。しかし、親切な店長に出会わなければ、その夢は破れていたでしょう。
2024/03/25

なぜキャサリン妃は写真撮影には応じるが、サインはしないのだろうか?

英国のケイト王妃とウィリアム王子の結婚から、一介の平民が注目を浴びる王室メンバーに昇りました。これまでに6年が経過しました。これらの年月の間、ケイト王妃は何千もの人々と対面し、握手し、写真を撮ったり、世間話をしたりしてきましたが、なぜか人々のサインをしている様子は見られません。これはなぜでしょうか?
2024/02/28 陳俊村

学生旅行・卒業旅行で行きたい国内旅行・海外旅行ランキング ~アンケート結果を阪急交通社が公開~

2月に入ると春休み、そして卒業のシーズンにもなり、学生旅行・卒業旅行に行く学生たちが増えてきます。気の合う友人、サークルの仲間たちと出かける旅行は、きっと大切な思い出となるでしょう。そんな学生旅行・卒業旅行では、どんな旅行先が選ばれることが多いのでしょうか
2024/02/15

世界各地のユニークなクリスマスの伝統行事5選

聖誕節はかつてキリスト教徒にとって最も重要な祝日の1つであり、彼らはこの日にイエスの誕生を祝い、教会に行って礼拝を行っていました。しかし現在、毎年世界中で数十億人が、宗教的な儀式とは関係なく、自分なりのユニークな方法でクリスマスを祝っています。
2023/12/12 李伊芙

ウォータースライダーの利用拒否されてから51kg減量した女性

休暇中、ウォータースライダーに乗ることができないほど体重があったイギリス出身の三児の母親が、112ポンド(約51 kg)以上の減量に成功しました。
2023/11/30 李子

対ロシア制裁巡り「必要ならさらなる措置」、日英両政府が財務協議

日英両政府は27日の財務協議で、対ロシア制裁を巡り「引き続き注意深く監視し、制裁の履行確保を強化する」ことで合意した。必要に応じて「さらなる措置を講じる」ことでも一致した。協議後に共同声明を発出した。
2023/11/27 Reuters

中国は軍拡の意図説明を、英外相「悲劇的な誤算」リスク警告

イギリスのクレバリー外相は25日の外交演説で、中国が軍備増強の意図を秘密にすれば「悲劇的な誤算」につながる恐れがあると警告した。
2023/04/26 Reuters

英、インド太平洋の安保強化で豪と協定 3400万ドル拠出表明

[シドニー 17日 ロイター] - 英国は、インド太平洋地域における安全保障を強化するため、オーストラリアとの協定の一環として2500万ポンド(3400万ドル)の拠出を表明した。 ジョンソン英首相とモリソン豪首相は17日に電話会談を実施。会談後の共同声明では「両首脳は、緊張緩和の必要性で同意し、ロシアのウクライナへのさらなる侵攻は大きな戦略的過ちで、人道上の重大なコストを伴うと強調した」と指摘。
2022/02/17 Reuters

英議員の中国人妻、議会通行証所持 共産党統一戦線工作にも関与=報道 

英上院議員のマイケル・ベイツ卿の中国人妻は、中国共産党の影響力を拡大する中央統一戦線工作部の関連団体の理事を務め、統戦部の会議にも出席していたことがわかった。
2022/02/01

イギリスとカナダ、北京冬季五輪の外交的ボイコットを表明 「外相同士で緊密に連携」

米国とオーストラリアに続き、イギリスとカナダが中国共産党による人権侵害を問題視し、北京冬季五輪の外交的ボイコットを表明した。カナダのジョリー外相は、複数国が同日にボイコットを発表できたのは緊密な連携の成果だと述べた。
2021/12/09 Wenliang Wang

イギリス人が紅茶を飲むようになったのは あるポルトガル王女の影響だった

紅茶は英国で生産されてはいないが、紅茶が最初に飲まれた中国をはじめ、どの国よりも紅茶に情熱を注いでいる。お茶を飲むことは英国文化に欠かせないものとなっているが、英国人のお茶好きは、あるポルトガル人女性の影響を受けている
2021/11/15

英国元保健相、中国共産党による臓器強制摘出を非難「最も凶悪な犯罪のひとつ」

中国共産党が良心の囚人を殺害し、その臓器を販売するという蛮行に対して、欧米の政治家が非難を強めている。NGO団体が主催したオンライン形式の国際サミットに出席した英国の元保健相フィリップ・ハント卿は、臓器の強制摘出を「最も
2021/10/13

1752年にイギリスが11日間消滅した理由は?

1752年9月3日から13日まで、イギリスでは誰も生まれず、死なず、結婚せず、働かず、戦争も天災も人災も何もなかった。 実際、イギリスのカレンダーには11日という日は存在せず、人々は9月2日の夜に寝て、翌朝14日に起きていた。 なぜイギリスはいきなり11日も消滅したのか?
2021/10/04

「時空の隙間」から見えるもの

イギリスの超自然現象研究者によると、この国には「時空の隙間」があって、多くの人がその隙間から時空をすり抜け、超えて、現在に来ているといいます。
2021/09/10

6歳の天才自閉症児 オックスフォード大学に史上最年少で入学

イギリス人のノックス・ダニエルさんは、息子が生後10カ月のとき、我が子が普通の子供ではないことに気づきました。なぜなら、彼はすでにパソコンのキーボードの文字をすべて知っていたからです。 そして6歳の時には、英国の名門校であるオックスフォード大学に史上最年少で入学しました。彼の名前はジョシュア・ベックフォード。2017年には「世界の自閉症の有名人30人」に選ばれました。
2021/09/02

英空軍、宇宙司令部を正式発足 「敵対国に対する優位性を確保」

イギリス国防省は7月30日、宇宙空間における優位性を確保するために設立された宇宙司令部(United Kingdom Space Command)が正式に発足したと発表した。同国の宇宙空間における優位性を確保すると同時に、各種宇宙開発プロジェクトを統括・調整する役割を果たす。
2021/08/06