中国で「江元主席の身柄拘束」写真がネットで話題

2015/08/28 12:09

 江沢民元国家主席が身柄を拘束された現場のような投稿写真が22日、中国版ツイッター「微博」などネット上に拡散され話題となっている。この写真の信憑性が疑問視されているにもかかわらず、多くのネットユーザーはこの写真がネット検閲で削除されないことから、当局が発した鮮明な政治的メッセージとして捉え、強い関心を示している。

 また、写真に対して喜びの声が多いことから、これは人心や大勢が向かうところで、中国人は「最後の汚職大トラ」と言われる江元主席にその終局を期待しているとの見方もある。番組プロデューサーとして活躍している宋祥氏は「ニセ写真、真実を語るか」とのコメントを寄せた。

 写真では、江氏が自力で歩けず、2人の男性に左右から抱えて助けられているようだ。両手を後ろにした動作により、連行される場面のようにも見える。

 拘束現場の写真かどうかは確認できないが、政権交代時期の2012年末の第18回共産党全国代表大会以来、江氏が姿を現したいくつかの国内ニュースをみると、江氏がまとっていた衣装から、写真は2014年4月上旬の清明節に、故郷の楊州に帰って墓参した時の様子に似ていることがわかった。

 中国のポータルサイト「新浪網」は同日、北京の党中央学校前に置かれていた、江氏の文字が彫られた巨大碑石が撤去されたと報じた。同校の警備局の職員は記者の取材に対し、「空けた土地について新たな建設計画がまだできておらず、しばらく芝生にする」と述べ、碑石撤去が急遽決定されたことを示唆した。

北京の党中央学校前に置かれていた、江氏の文字が彫られた巨大碑石が撤去された(ネット写真)

 少し前の13日、上海空軍政治アカデミーにあった江氏の碑石も撤去され、当局は江氏の影響力を排除する姿勢を強めているとみられる。

 米海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は6月19日、江氏と親交が深い元米国駐中国大使、ジム・サーサー(James Sasser)氏の話として、これまで毎年、江から新年の挨拶を受けていたが、今年だけは何もなかったと報じ、江氏が当局に身柄を拘束されている可能性があると分析した。

 一方、元序列3位、全人代委員長を務めた喬石氏、万里・元全人代委員長と尉健行・元党政治局常務委員が6月以来、相次ぎ死去したことに伴い、江氏が姿を現したことは一度もなく、毎回「ほかの都市から花輪をささげる」と報じられていた。

 これについて、大紀元中国語版の専属コラムニスト・余春光氏は「体が動けないほどの重病になったか、またはすでに身柄を拘束されて体の自由を失ったという二つの可能性がある」との見解を示した。

(翻訳編集・王君宜)

関連記事
注目記事
^