印刷版   

9月28日、イスラエルのオルメルト首相(写真)、近日中にアッバス・パレスチナ議長と会談へ。27日代表撮影(2006年 ロイター)

イスラエルのオルメルト首相、近日中にアッバス・パレスチナ議長と会談=ラジオ

 イスラエルのオルメルト首相は、近日中にアッバス・パレスチナ自治政府議長と会談する計画だと明らかにした。イスラエル・ラジオが28日放送予定のインタビューで述べた。ただ、最終決定はしていないという。

 また、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラとの戦闘について同首相は、近く戦闘が再開するとは考えていないと述べた。ただ、レバノン南部からのイスラエル撤退が完了する時期などは、明らかにしなかった。

 会談が実現すれば、両者による初の首脳会談となる。

 さらに、オルメルト首相は、ガザで拘束されているイスラエル兵が釈放されない限り、イスラエルが拘束しているパレスチナ人の釈放は検討しないと述べた。


[エルサレム 28日 ロイター]

 (06/09/29 08:26)  





■関連文章
  • ロシア外相、中東和平国際会議の開催を呼び掛け(06/09/08)
  • イスラエル、レバノン空路封鎖を解除(06/09/08)
  • 国連事務総長、イスラエル兵解放交渉で仲介者指名へ(06/09/05)
  • イスラエル首相、レバノン封鎖解除要求を拒否(06/08/31)
  • ヒズボラ拘束のイスラエル兵、赤十字への引き渡し希望=国連事務総長(06/08/29)
  • イタリア、イスラエル兵士と囚人交換協議への関与に意欲=ヒズボラ(06/08/28)
  • ガザで拉致の米TVジャーナリスト、犯行グループが映像公開(06/08/24)
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)