印刷版   


ブッシュ米大統領、イラク政権への支持を表明

 ブッシュ米大統領は25日の記者会見で、イラクのマリキ政権が同国の安全を守る責任を一段と担うよう圧力を強めるべきとの声が高まっていることについて、このような意見を退ける考えを示した。

 大統領は「イラクの指導者には、国を救う大胆な措置を実施するよう求めている。米国の忍耐が永遠に続くわけではないことを明確にしている」と述べた。

 「イラク政権が受け入れられる以上の圧力をかけることはしない」とも語り、マリキ政権を支持する姿勢を示した。

 [ワシントン 25日 ロイター]

 (06/10/26 09:46)  





■関連文章
  • 米大統領、北朝鮮に核兵器を売却しないよう警告(06/10/19)
  • ブッシュ米大統領、代替エネルギー政策を加速させる意向=WSJ紙(06/09/29)
  • ブッシュ大統領の支持率が42%に上昇、政党別では民主党がリード=世論調査(06/09/29)
  • ブッシュ大統領が国連総会で演説、イラン批判など展開(06/09/20)
  • 北朝鮮の核問題、平和的解決を希望=ブッシュ大統領(06/09/15)
  • 米同時テロ5周年、ブッシュ大統領が現場3カ所を訪問へ(06/09/10)
  • ベトナム当局、ブッシュ大統領訪問目前に、政治犯5313人に恩赦(06/08/30)
  • 米大統領、レバノン問題でシリアとイランを非難(06/07/23)
  • ブッシュ大統領が訪独、米独関係親密化(06/07/14)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 米下院:中共当局を譴責する関連3決議案が可決(06/06/14)
  • 中共政権、さらにカトリック主教任命、バチカンとの関係悪化(06/05/17)
  • 中国地下教会信者、米大統領と面会後、香港訪問取り消される(06/05/15)
  • ブッシュ大統領、中国地下教会の信者と面会(06/05/12)
  • ニューヨーク・ポスト:王文怡氏の言葉は通用するのか(06/05/05)