印刷版   

米政府が対中通商政策で方針転換、紙製品輸入に相殺関税適用へ

 米商務省は30日、中国からの輸入紙製品に対して、割り増し関税である相殺関税を適用する方針を明らかにした。米国はこれまで、いわゆる非市場経済国からの補助金付き製品について関税を課しておらず、方針転換となる。

 グティエレス商務長官は記者団に対し「中国経済は、相殺関税法など新たな貿易是正措置の導入が可能になるほど発展を遂げた」と指摘。中国製コート紙に対する暫定的な相殺関税率は10.90─20.35%になると述べた。

 06年の米国の対中貿易赤字は過去最大となる2330億ドルに拡大。中国政府の輸出補助金に対して、一段と厳しい対応を求める声が強まっている。

[ワシントン 30日 ロイター]

 (07/04/01 12:28)  





■関連文章
  • 7月貿易黒字は前年比‐0.2%、事前予想を下回る(06/08/23)
  • 6月貿易黒字は8079億円、‐5.9%で予想下回る(06/07/26)
  • 5月米貿易赤字は638.4億ドルに小幅拡大、石油輸入額は過去最高(06/07/13)
  • 中国06年貿易黒字は最大1300億ドルに─当局者=新聞(06/06/26)