印刷版   

 7月29日、安倍晋三首相(写真)は参院選で自民党が惨敗した責任について、政権を維持して改革を続行することで国民への政権公約を果してくとの意向を示した。写真は自民党本部にて撮影(2007年 ロイター/Issei Kato)

政権維持し改革を続行する=参院選惨敗で安倍首相

 安倍晋三首相は29日夜、報道各社とのインタビューに答え、参院選で自民党が惨敗した責任について、政権を維持して改革を続行することで国民への政権公約を果してくとの意向を示した。

 参院で民主党が第1党に躍進し、野党が過半数を占めて政権運営が困難になるのではないか、との質問には「参院で民主党とも協議していく」と述べた。衆院の解散・総選挙について安倍首相は「現時点で考えていない」と言明。内閣改造については「選挙結果を受け止めながら、よく考えていきたい」と語った。

[東京 29日 ロイター]

 (07/07/30 06:24)  





■関連文章
  • 久間防衛相が辞任の意向表明、安倍首相は了承(07/07/03)
  • フジモリ元ペルー大統領、日本の参院選に出馬(07/06/28)
  • 日本とカンボジアが投資協定を締結、自由度高めて投資促進(07/06/15)
  • 日・EU、温室効果ガス半減を提案(07/06/06)
  • くすぶる参院選前の利上げ説、与党からは警戒の声(07/05/29)
  • 北朝鮮追加制裁、場合によっては検討=首相(07/05/03)
  • 首相、衆参同日選の可能性を否定(07/05/02)
  • 安倍首相が新人材バンク設置後3年内の完全一元化を指示=諮問会議(07/03/28)
  • 2007年度予算案、参院本会議で可決・成立(07/03/27)
  • 日朝作業部会、日本の不動の姿勢示せた=首相(07/03/09)
  • 成長戦略・改革の方向性について話をした=米財務長官との会談で安倍首相(07/03/05)
  • 北朝鮮、核廃棄に向け具体的な一歩=安倍首相(07/02/14)
  • 柳沢厚労相には職責を果たすことで責任を果たしてもらいたい=首相(07/02/06)
  • 6カ国協議、北朝鮮の核放棄に向け結果出したい=首相(07/01/31)
  • 安倍首相が「産む機械」発言で柳沢厚労相を厳しく注意(07/01/29)