印刷版   

山東省・日照市の工場から流れ出た廃水が、主要排水通路を通じて、東海へ排出される(右下)

グーグル・アース衛星写真、中国廃水汚染の実態写す

 【大紀元日本1月17日】ネットの検索エンジン・グーグル(Google)は2005年、衛星航空写真や地図、地形や3Dモデルなど、世界中の地理情報を提供するサービスを開始した。同社が配信する映像のおかげで、中国国内の廃水汚染の様子が一段と明らかになった。以下の写真はここ3年間に撮影されたものである。
大運河・蘇州南地区。岸辺に汚水処理場らしき場所があり、そこから流れ出た排水の色が明らかに他の排水と異なっている
長江蕪湖地区の北部。工業地区を通過する川は黒くなっており、長江(左)と合流している
無錫市、新旧運河の合流場所(左上は都市中心部を通過した旧運河)
天津市大沽地区廃水排出用川(赤線のすぐ上の部分が海へ排出される)
右側の2本の黒い川は、山東省濰紡市区および濰北平原を通過し、渤海に流れている
アモイ杏林汚水処理場(赤い囲んである)からの廃水が海へ排出されている様子。左側にある川と、色が全く違っている
安徽省・合肥市区から流れ出た川の黒い水が美しい巣湖に入っていく。巣湖は2007年、藍藻の大量発生に見舞われた
曹娥江下流は銭塘江と合流し、さらに海へと流れる。左側にある企業からの廃水が気になるところだ。汚水処理場か
廃水の排出通路になってしまった福建省・福州市の晋安川。福州市区(上)から流れ出て、南下し閩江(下)と合流
福建省・泉州の工業団地から川に流れ出る廃水の様子
天津大港区河北省青県および天津静海の「青静黄廃水排出川」が渤海へ流れ出る様子(左側には製油工場がある)
安徽省・蚌埠市から流れ出る黒い排水
無錫駅の北西部地区から流れる黒い排水


 
(翻訳・余靜)


 (08/01/17 13:19)  





■関連文章
  • 100年以来最低水位、長江緊急態勢=中国(08/01/17)
  • 中国社会科学院青書:北京五輪が直面する最大のリスク(08/01/07)
  • 北京の大気汚染に対抗、肺機能強化の食事療法を採用=英五輪選手(08/01/01)
  • 中国天津:地元有力者の横暴ぶり、大学生らが抗議の暴動(07/12/30)
  • 長江流域の深刻な干ばつ、水量不足で船舶座礁相次ぐ(07/12/15)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 中国化学メーカーに損害賠償金6500万ドルの支払い判決=北京(07/12/10)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 中国の環境汚染はGDPを消費=世界銀行(07/11/22)
  • 化学精錬工場付近で、村民千人以上が鉛中毒=中国湖南省(07/11/18)
  • 台湾立法委員ら、大陸の臓器移植関与の医師らの入台禁止求める(07/11/03)
  • 最新中国臓器移植事情:「袖の下」合戦で、費用高騰(07/11/01)
  • 中国広東省:河川の重金属汚染で「ガン村」に(07/10/30)
  • 北京濃霧発生、今後さらに深刻に(07/10/28)