THE EPOCH TIMES

四日市で国際「真善忍」美術展 

2008年04月26日 17時15分
「芸術と人生の答えを見つけた」―絵画の前に立ちすくみ、 涙したある来場者
の言葉


 この美術展は、「真・善・忍」を心底に植え付けたアーティストたちが、恐
怖や苦痛、苦しみに遭遇しても、至高の忍耐で逆境に打ち勝つ―そうした気高い
精神を、油彩やフォト・エッチング、彫刻などで見事に表現したものです。

 国際「真善忍」美術展は世界40以上の国で開催されてきました。日本では東京、
横浜、仙台、札幌などにて15回以上の展覧が開催されました。米国のNewYorkの
権威ある「ナショナル・アート・クラブ」で最多の入場者数を記録しました。

主催:NPO法人 日本法輪大法学会
会期:2008年4月29日(火)~5月2日(金)

9:30-21:30(29日は12時から、最終日2日は14時まで)
場所:四日市市文化会館 第3展示室

交通:近鉄四日市駅から10分
 *入場無料*
 連絡先:090-6718-6061(徳永さん)

後援:大紀元時報、新唐人日本、希望の声ラジオ局

関連キーワード
^