印刷版   

北京は厳重警備された強制収容所=インド紙社説

 【大紀元日本8月10日】インド紙「インディアン・タイムズ」は8月9日付社説で、2008年五輪の幕開けに際して、北京はまるで厳重警備された強制収容所のようだとし、世界最大規模の競技会の主催都市・北京は、1936年ドイツ・ナチスが主催したベルリンオリンピックと同様に、競技自体より五輪の政治的意味合いに重点が置かれていると強調。

 同紙によると、ドイツ・ナチスの独裁者であったヒトラーはベルリン五輪の開催で、ナチスが標榜したドイツ民族の優秀性の誇示を企んだが、ベルリンオリンピックでのメダル獲得者たちの多くは、ナチスが軽蔑する「低階級」民族選手だったため、結局目的は達成できなかった。

 今日の北京もナチス同様、世界各国に対して中国が国際舞台の中心にあることを示したい意図を指摘。中国は重量級の経済および軍事大国に留まらず、人権を擁護する社会や文化においても成果を上げる「ソフト」超強国であり、真に世界を率いるリーダーであることを示威する企みを分析している。

 ベルリン五輪の失敗の前例を踏まえ、社説は「中国に同情し祝福する者でさえ、北京の積極的な売り込みが大失策に終わる可能性に同調せざるをえない」と警告している。

 また、社説では、チベット人は世界各地で抗議行動に出ており、中国による「世界の屋根」での文化絶滅政策は、チベットに国際的なスポットライトをあてることになったと言及。さらに、中国大陸北西部の北トルキスタン・イスラム民族は、エネルギー豊富な新疆地区で独立建国を求め、北京五輪の開幕直前に抗議行動を起こしたとされており、中国当局への抗議が実質的に増えたことにも言及した。

 抗議デモまたは暴動事件を防ぐために、中国当局は北京城内外および地方に大々的な防御措置を打ち出したが、人々の目には、いかなる異論者も徹底的に弾圧しようとする残虐な独裁者としてのイメージが映るだけと指摘している。

 北京が愚かなカード・プレイヤーであることは明らかで、異論者制圧は、自己の独裁的本質を暴露する結果となったと社説はまとめている。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/08/10 03:33)  





■関連文章
  • 五輪開会式1時間前、「鳥の巣」付近でチベット旗で抗議(08/08/10)
  • 五輪開幕式:蒸し風呂の「鳥の巣」、570人熱中症(08/08/09)
  • 北京五輪開会式中、北京首都空港は5時間閉鎖(08/08/09)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 8・8 都内で北京五輪反対集会(08/08/09)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告(08/08/08)
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 「鳥の巣」での開幕式、雨の中で進行か(08/08/08)
  • 開催10時間カウントダン、緊張高まる北京=写真報道(08/08/08)
  • 国境なき記者団は今夜、世界9都市の中国大使館前で同時集会(08/08/08)
  • 五輪直前の北京街頭の様子(08/08/08)
  • カナダ選手団約半数、五輪開幕式に不参加(08/08/08)
  • 北京市のタクシー全車両、盗聴装置を装着か(08/08/08)