印刷版   

「箕踞」をする人(ネット写真)

【歴史物語】礼儀を欠く孟子へ母親の諭し

作者:雲開

 【大紀元日本12月24日】

 中国語で「箕踞(ジジュィ)」という言葉がある。床やベッドに両足を投げ出して座ることが箕(み)に似ていることから由来する。昔の中国では、「箕踞」の座り方は非常に無礼であるとされていた。孟子のこの言葉にかかわる物語が今でも言い伝えられている。

 ある日、早めに帰宅した孟子は、部屋で休んでいた妻が「箕踞」しているのを目にした。礼儀を非常に重んじる当時にこのような傲慢無礼なことをした妻に対して、怒り極まった孟子は、「この婦人は全く礼儀を重んじないので、彼女とは離縁すべきだと考えています。お許しお願いします」と母親に告げた。

 母親は事の経緯を聞き、孟子に「これは彼女ではなくて、あなたが礼儀正しくないのです。『礼記(リジ※)』でも記されているように、部屋に入る前に必ずこちらから先に部屋の中に誰がいるかを確認すべきです。また、客間やホールに入る時に、必ず声を出して中にいる者に知らせるべきです。さらに、部屋に入る時は、目を下に向けて入らなければならないのです。何故なら、中にいる者がビックリして慌てふためかないようにするためです。今回、あなたは妻がお休みする部屋を訪ね、音も声も出さずに入ってしまい、妻の様子をあなたは見てしまったのです。これはまさに、あなたが礼儀正しくないのではないでしょうか?」と示した。孟子は母親の話に諭され、自らの非を認めた。

 多くの場合に、我々は他人の過ちを指摘した後に冷静になってみると、実は自分には非があったことに気づくのである。それならば、他人とトラブルがあったときに、まずは内に向けて自らを見つめなおすべきであると考えさせられた。

 ※「礼記」、中国の周代から漢代にかけて儒学者がまとめた礼に関する書物。

(翻訳編集・豊山)


 (09/12/24 05:00)  





■関連文章
  • 【中国伝統文化】誤りから学ぶ(09/01/01)
  • 孟母三遷の教え(07/11/18)
  • 「アメリカ人ってこうなんだ?!」 米生活新前中国人の新鮮な驚き(07/08/13)
  • 男らしさと礼儀作法(07/08/02)
  • 【神伝文化】仁愛の士は天下に敵無し(2)(07/07/24)
  • 【神伝文化】仁愛の士は天下に敵無し(1)(07/07/22)
  • 中国菜食「円卓」の基本的な礼儀作法(07/01/30)
  • オランダ人、欧州で無作法な国民第3位に自らを選出(06/10/02)
  • 【伝統文化】儀礼と教養(06/07/24)
  • 【歴史物語】一人前の男とは何か(06/06/24)
  • 三字経物語:孟母三迁(05/03/20)