THE EPOCH TIMES

中国最高指導部、金総書記の後継者を了承か

2010年09月06日 22時33分
 【大紀元日本9月6日】中国国営通信・新華社は8月30日、中国と北朝鮮の最高指導者が中国で会談を行ったと報じた。それによると、両国の指導者は会談でそれぞれ、「次世代にバトンタッチする」「代々に受け継がせる」という表現を使ったという。今回の金正日(キム・ジョンイル)総書記の訪問は、「三男の金正銀(キム・ジョンウン)氏を後継者にすることについて、中国最高指導部から黙認を得るためであり、それに対して中国政府は了承したもようだ」と韓国メディアは分析している。

 一方、金正銀氏が訪問に同行したかどうかについて、中国外交部は明確な答えを避けている。韓国政府関係者によれば、中国政府は8月30日、駐中国の韓国大使館に対して、金総書記が中国を訪問したと説明。その際、「金正銀氏は同行者リストにない」と答えたという。また、「『同行者』とは、主要な同行者を意味するのではないか」との質問に対し、中国政府の答えは「イエス」だった。専門家らは、中国側の説明では、金正銀氏が今回の訪中に同行したと判断することはできないとしている。

 今回の金総書記の訪問をきっかけに、中国政府は北朝鮮における第3代目の世襲体制を了承したとする見方が広がっている。

 以前にも、両国は互いに、政権最高指導者の後継者を事前に報告してきた。1989年12月、中国の実質上のトップだった中央軍事委員会主席・_deng_小平氏は、当時中国を訪問中だった金総書記に対し、江沢民氏が次期後継者であることを、任命する4日前に告げた。また、1980年に北朝鮮の公式後継者として任命された金正日氏は3年後、北京を訪れて後継者になったことを_deng_小平氏に報告している。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^