西アフリカでエボラ出血熱感染拡大 死者467人

2014年07月02日 19時15分
【大紀元日本7月2日】西アフリカでエボラ出血熱の感染が拡大している。世界保健機関(WHO)の1日の発表によると、今年3月から確認された患者数は759人に達し、そのうち467人が死亡した。

 感染はギニア、シエラレオネ、リベリアなどの西アフリカ諸国で広がっている。WHOは2、3の両日、ガーナの首都アクラで11カ国の厚生相が参加する特別会合を開き、対策を協議する予定。

 また、WHOは「感染を阻止するには抜本的な行動が必要」とし、現地に医療チームを派遣している。
 
 国際医療支援団体「国境なき医師団」(MSF)の関係者は6月21日、致死率が90%に達する同感染症は「西アフリカで制御できなくなっている」と警告し、現地を訪れる観光客が世界各地にウィルスを持ち帰っていると懸念を示した。すでに米国人観光客数十人の感染が確認されたという。、 

 ウィルスはカリブ海や南米でも確認されているという。

 開催中のサッカー・ワールドカップ・ブラジル大会が閉幕すると、340万人のサポーターが世界中にウィルスをばらまくことをも心配されている。

 エボラ出血熱は風邪のような症状から始まるが、進行すると血液が凝固しにくくなり、体内や体外で出血が起きる。10日前後で死に至る例が多い。今のところワクチンや治療法は存在しないが、医療専門家は「早期に治療すれば致死率は抑えられる」と強調している。

(翻訳編集・叶子)

関連キーワード
^