【特別報道】中国共産党を排除すれば 習近平氏は歴史上の英雄になる

2016/05/28 19:46

 中華民族は重要な転換点に差し掛かっており、中国共産党による約百年の踏みにじりと侮辱と破壊のため、いまや深刻な危機に陥っている。共産党による民族と国民への迫害の制止を急がなければならない。現在中国の情勢は未曾有の変化をみせている。この特殊な時代において、「豪傑の士」が時勢に沿って偉業を成し遂げれば、中華民族を明るい未来へ導くことができる。それについては、特別な立場にいる習近平氏は実に優位にあり、天意に沿って行動し、共産党を捨て、民族の危機を回避させることができれば、歴史にその名を刻むことができる。中華民族も共産党を排除した後、真の復興と盛んな時代を迎えることになるだろう。

 中華民族への迫害

 中華民族は幸運な民族で、神の加護と導きを受けていた。無数回の天災や人災、異民族の侵略と戦争に耐えてきたこの民族は力強く5千年の歴史を歩み通し、神から伝えられた輝かしい文化を築いた。

 一方で、中華民族は不幸な民族でもある。20世紀の20年代から、共産党という邪教が中国に上陸し、8千万から1億人の命を奪った。共産党は中国人の価値観を壊すために宗教への取り締まりを始め、その後の文化大革命で、古典や文化財、寺院、遺跡を大規模に破壊するなど、中華民族の文化を根絶してきた。

 中華民族は、人種ではなく一種の文化であり、漢民族と異なる少数民族をも総じて中華民族と称している。共産党による中華伝統文化根絶の政策は実質上、中華民族を絶滅させるための政策である。

 それでも中華民族は幸運だ。1992年、李洪志氏が悠久な宇宙の智慧である修煉法・法輪功を伝え始めた。その「真・善・忍」の理念は古代中華文化の精髄である。これにより、伝統的信仰と文化が絶滅される間際の中国人は、神とつながり、信仰を取り戻すことができ、自分たちの文化の源を発見できた。当時の中国政府系メディアは、法輪功の愛好者が7千万~1億人に達したと報じた。これらの人々は身体の健康を得ただけでなく、道徳も向上した。もし、中国共産党が法輪功を弾圧しなければ、政権もその恩恵を受けることになり、共産党には選択するチャンスがあった。

 しかし中華民族はやはり不幸な運命にさらされた。共産党の元トップ江沢民とその側近たちは法輪功弾圧を推し進め、ジェノサイド(集団殺害)の政策を実行し、法輪功愛好者に対する大規模な臓器収奪で暴利を得てきた。まさに中華民族の命綱である「正しい信仰、道徳及び神とのつながり」を断ち切り、中華民族を絶滅させようとしてきたのである。

 今日の中国は、伝統的な風習・文化・信仰をほぼ喪失し、環境や経済、政治、社会など各方面の危機がいっそう顕著になっている。土壌・大気・河川の汚染や、政治と社会不安に起因する深刻な汚職・腐敗、大規模な資金の国外流出、氾濫する有毒食品、国民全体の重度の人間不信による社会全般の信頼への危機などの難題が山積みだ。このような民族に明るい未来はない。

 

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^