印刷版   

7月17日、主要8カ国首脳会議は、世界の経済成長が力強く、そのすそ野が広がってきたとする議長声明を発表。写真はロシアのプーチン大統領(左)とブッシュ米大統領。代表撮影(2006年 ロイター/Ivan Sekretaryov)

世界の経済成長は力強い、すそ野が広がってきた=G8議長声明

 サンクトペテルブルクで開催された主要8カ国(G8)による首脳会議(サミット)は、世界の経済成長が力強く、そのすそ野が広がってきた、とする議長声明を発表した。

 サミットでは、高水準で不安定な推移となっているエネルギー価格や、世界の不均衡、保護主義の拡大について議論された。

 一方、経済に関する声明内容については、先月行われた8カ国(G8)財務相会合の声明に沿ったものとなった。[サンクトペテルブルク 17日 ロイター]

 (06/07/18 06:07)  





■関連文章
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • G8、エネルギーで市場重視アプローチに向け合意近づく=当局者(06/06/10)
  • 原油高は将来、世界経済に一層の悪影響を及ぼす可能性=G8声明草案(06/06/09)
  • G8、エネルギー供給が主要議題となる見通しに(06/06/07)