印刷版   


スリランカの首相官邸付近で爆発、大統領兄弟の国防相が負傷

 スリランカの首都コロンボの首相官邸付近で1日、爆弾攻撃があり、ラジャパクサ大統領の兄弟であるゴタバヤ・ラジャパクサ国防相が負傷した。ロイター記者が目撃した。

 同国防相は、1年前に就任して以来、反政府武装組織タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)に対し、強硬な姿勢をとっている。

 [コロンボ 1日 ロイター]

 (06/12/02 01:18)  





■関連文章
  • スリランカで自爆攻撃、92人死亡(06/10/17)
  • タミル・イーラム解放のトラ、ガンディー暗殺に「遺憾」表明(06/06/29)
  • 「タミル・イーラム解放の虎」8人が脱獄(06/06/08)
  • タミル・イーラム解放の虎、地元作業員12人を殺害(06/06/02)