印刷版   

ミャンマーで、5例目の鳥インフルエンザ発生

 ヤンゴン近郊で5例目の鳥インフルエンザ(H5N1型)が発生した。家禽(かきん)類を市場に運ぶ農業従事者らが感染を広げたとみられる。2日付の国営紙「ミャンマーの新しい灯」が報じた。

 記事によると、鳥インフルエンザが発生した農家付近の家禽類は当局が処分したという。同紙はまた「2月に鳥インフルエンザが発生した際に行われた、ニワトリ、アヒル、ウズラの運搬や販売により、ウイルスが今回の農家に広がったと推定される」と伝えた。

 同国での5件の鳥インフルエンザ感染は、いずれもヤンゴンの北方の郊外で起こっており、これまでに4万羽の家禽類が処分された。保健省関係者によると、ヒトへの感染は起きていないという。

[ヤンゴン 2日 ロイター]

 (07/04/03 11:38)  





■関連文章
  • 中国安徽省:鳥インフルエンザ感染、少年死亡確認(07/03/30)
  • インドネシア:鳥インフルエンザ感染、66人目の死亡症例(07/03/21)
  • エジプト・インドネシア:鳥インフルエンザH5N1型の感染者が続出(07/03/13)
  • 相次ぐ鶏の異常死、H5型ウイルス検出=チベット・ラサ市(07/03/11)
  • ベトナム南部:鳥インフルエンザ感染発生、鴨800羽処分(07/03/03)
  • ビルマ(ミャンマー):鳥インフルエンザ発生、人の感染はいない(07/03/02)
  • 福建省:H5N1型鳥インフルエンザ、人感染確認(07/03/01)
  • アジアで偽医薬品が氾濫、中国が主な供給源(07/02/26)
  • パキスタン、首都の動物園でH5N1型鳥インフル確認(07/02/21)
  • インドネシア、鳥インフルエンザワクチン開発でバクスター系と覚書(07/02/07)
  • 英国関係当局:鳥インフルエンザ感染保護・監視区設置、人への感染はない(07/02/06)
  • 英国:七面鳥2600羽突然大量死、鳥インフルエンザ(H5N1型)感染確認(07/02/04)
  • ナイジェリア:鳥インフルエンザ感染で、初の死者(07/02/02)
  • 香港関係当局:鳥類の鳥インフルエンザ感染確認(07/01/24)
  • ミャンマー人権侵害制止・民主化推進、中露の拒否権行使で否決=国連安保理(07/01/16)