印刷版   

OPEC加盟国、11月にサウジで首脳会議を開催=クウェート通信

 国営クウェート通信(KUNA)は22日、11月17日にサウジアラビアの首都リヤドで、石油輸出国機構(OPEC)に加盟する12カ国の首脳会議が開催されると報じた。

 議題には原油市場の安定維持に向けたOPECの取り組みなどが含まれ、加盟国の石油相と財務相による会議が前日に行われるという。

 OPEC加盟国のサミットは11月の会議が3回目。初回は1975年にアルジェリアで、2回目は2000年にベネズエラで開かれた。

[クウェート 22日 ロイター]

 (07/08/23 09:34)  





■関連文章
  • 上海協力機構(SCO)首脳会議、中国側エネルギー確保重視(07/08/19)
  • スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問辞退を示唆   (07/07/29)
  • EU・中第2次「ブラ戦争」勃発か(07/07/26)
  • 中国の輸出、製品の安全性めぐる海外報道で打撃(07/07/17)
  • 中国:米7社肉製品の輸入禁止(07/07/17)
  • 米国、中国の輸出補助金問題でWTOにパネル設置を要請(07/07/13)
  • 原油高、市場ファンダメンタルズと無関係=サウジ石油相(07/07/12)
  • メキシコ軍、パイプライン爆破予告受け石油施設を警備(07/07/12)
  • 前中国国家薬監局局長、7月10日に処刑された(07/07/12)
  • 2012年までの世界石油需要の伸びを上方修正=IEA(07/07/10)
  • 中国製食品・医薬品安全問題:砂糖漬け果物、半数以上が安全基準に達せず(07/07/09)
  • 中国、スーダン領紅海沖で資源探索(07/07/09)
  • 中国食品安全問題は氷山の一角=米中貿易の専門家(07/07/01)
  • OPEC産原油の需要減退へ、バイオ燃料の使用拡大などで(07/06/27)
  • 中国CO2排出量、昨年トップ米国を追い越す=オランダ政府系研究機関(07/06/21)