印刷版   


ロンドンで行われた天安門事件記念活動=英国

 【大紀元日本6月7日】6月4日午後、英国“六四”記念委員会、英国中国民主戦線および英国に居留している天安門事件による難民と当時六四民主運動の学生だった人々がアムネスティーの英国支部と共催で、ロンドンの中国大使館前で“六四”19周年記念活動を行った。

 今回の記念活動の主旨は「“六四”を忘れず、中国人の人権を取り戻そう」。これらの組織と「六四記念委員会」および中国民主戦線が “真実を伝え、忘却を拒絶する”という 一連のテーマで、正義を求め、良識を呼びかける記念活動を行った。

 また、集会には中国民主活動家である魏京生氏や天安門事件の流血弾圧で生き残った人々、”六四“難民らが出席し、スピーチを行った。
ロンドンの中国大使館前で行われた19年前の天安門事件記念活動
スピーチを行う魏京生氏
記念台に献花する魏氏
献花する天安門事件の生存者紹江さん
献花する活動参加者
“閲読の自由、著述の自由”
“中国に人権を”―アムネスティー


(撮影:大紀元ROGER、小倩、小龍)
 
(翻訳・坂本)


 (08/06/07 10:27)  





■関連文章
  • 米NYフラッシング事件、米議員らが強い関心を寄せる(08/06/06)
  • 六四天安門事件19周年、追悼集会に5万人=香港(08/06/06)
  • 「六・四」天安門事件19周年、都内で記念集会開く(08/06/04)
  • エネルギー価格高騰で国民食“フィッシュ・アンド・チップス”に影響=英国(08/06/03)
  • DNA鑑定で、古代ギリシャ女性観に見直し=英国(08/06/03)
  • 廃材から創作したオブジェ=ロンドン動物園(08/05/31)
  • 食卓に乗る「リスの料理」=英国(08/05/09)
  • 中国:高騰する物価、天安門事件の前兆を予想する専門家(08/04/22)
  • 目に余る暴力的な行為、「せいか警備隊」の逮捕を示唆=豪州当局(08/04/18)
  • 中国秘密警察のリレー警備参加は誤り=ロンドン市長(08/04/17)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • 【オピニオン】金メダル級の「ウソ」(08/04/11)
  • 野菜の高騰で自家栽培ブーム=英国(08/04/11)
  • 巨大なタバコの吸いガラで、クリーン・ブリテン=英ロンドン(08/04/11)
  • 「まるでヤクザ!」=ロンドン五輪委員会会長、せい火の中共警備を糾弾(08/04/08)