印刷版   

7万人が参加したとされる香港のデモ行進(大紀元)

香港で7万人デモ行進、中共に屈する行政府を非難

 【大紀元日本7月4日】香港では7月1日、数万人参加のデモ行進が行われた。中国当局が香港の民主を圧制していることに抗議し、香港当局のトップ、特別行政区長官の曾蔭権氏が中国共産党政権(中共)に屈している、などと非難、普通選挙の実施を訴えた。

 香港では2003年から毎年7月1日に、大規模な市民デモが行われてきた。主催する民主団体によると、今年の参加者は7万6千人に達するという。一方、香港警察の発表は2万6千人あまりである。

 その日の香港は摂氏31度の暑さ、デモ行進は午後3時半から市内のビクトリアパークから出発した。デモ隊の先頭隊列は、巨大な横断幕を掲げ、「民主を還元せよ」などのスローガンを叫び続けた。
就職難の改善を訴える隊列(大紀元)
報道自由の旗を持つ女の子(大紀元)
報道の自由・独立を訴える若者たち(大紀元)


 一部の参加者の衣服には、「私は奴隷にならない、私は曾蔭権を代表として認めない」などの文言が書かれていた。多くの市民は手製のプラカード、横断幕などを掲げ、曾蔭権・長官が中国当局に迎合していると非難し、中国当局が香港の民主、人権、政治を妨げていることを訴えた。

 今年のデモに参加した若者は例年より多いという。ある若者のグループは、報道の自由と独立を強調、マスコミは中共寄りになってはならないことを訴えた。注目するのは、5歳から8歳の子どもたちの隊列もあった。

 中国国内から3人の陳情者もデモに参加した。そのうちの一人、謝さんは、「千万元の私財が押収されて30万元しか返してくれなかった。裁判をしようと多くの弁護士に法的支援を依頼したが、誰一人受理する勇気がない。中国の司法体制は完全に腐っている。私たちには生きる道が残されていない」と話した。

 民主党の元立法会議員・李柱銘氏、政務司の元トップ陳方安生氏などもデモに参加した。陳方安生氏は、市民が求めている普通選挙について、香港政府は実行するつもりがないと非難した。

 香港脱党支援センターのボランティアもデモに参加した。彼らは、中国国内の同胞に対し、早急に中国共産党とその関連組織から離脱するよう呼びかけ、中共が崩壊すれば、中国と香港に真の民主が初めて実現すると強調した。
脱党支援センターのボランティア(大紀元)


 長蛇のデモ隊は約4時間後の午後8時ごろ、終点である香港政府ビル前に到着した。百人あまりが現場に留まり、曾蔭権長官との対話を求めていた。
香港行政府前での抗議集会(大紀元)


 
 (記者・林怡、梁路思、翻訳編集・叶子)


 (09/07/04 22:19)  





■関連文章
  • 広州市:テレビで六四など禁止情報放送、中央から懲罰(09/06/23)
  • 天安門虐殺・責任者2人危篤、市民は祝賀の爆竹を準備(09/06/15)
  • 香港:新型インフル、新たに12人感染(09/06/13)
  • 天安門事件20周年、香港で15万人追悼集会(09/06/06)
  • 天安門事件20周年、六・四の北京・香港・台湾(09/06/06)
  • 香港8千人デモ、天安門事件名誉回復を求める(09/06/01)
  • 米下院議長訪中、デモ防止で直訴者大量逮捕=上海(09/05/29)
  • 「六・四」天安門事件二十周年記念イベントのご案内(09/05/25)
  • NHK「アジアの一等国」に抗議、東京・渋谷で大規模デモ(09/05/17)
  • 2009年報道の自由アジアランキング:台湾後退で日本トップに、依然として「自由なし」の中国(09/05/09)
  • 香港で新型インフル確認、患者は上海を経由(09/05/02)
  • ジャッキー・チェン氏失言、奴隷根性と非難殺到(09/04/23)
  • 直前中止のASEAN首脳会議、各国記者らがその豪華料理を堪能(09/04/16)
  • 英人記者への傷害事件:中国当局、ジンバブエ大統領夫人を不起訴(09/04/04)
  • 天津市政府前で千人デモ抗議、武装警察と対峙(09/03/21)