コーヒーが老化防止と認知症・筋肉減少予防に効果的:最新研究

年齢を重ねると筋肉量が徐々に減っていき、時には認知機能にも影響が出ることがありますが、コーヒーを飲むことがその対策になるという研究結果が出ています。
2024/05/30 Ellen Wan

認知症予防のカギは飲み物にあり!避けるべき3つと推奨する7つの茶

認知障害患者の数は年々増加し、毎年の新規症例は約1,000万件に達し、特に65歳以上の人々でより一般的です。研究によると、日常的に摂取する3種類の飲料が脳の健康に悪影響を及ぼしており、これらの糖分を含む飲料を避けることが重要です。中医師は健康に有益な自然な茶飲料を自家製することを推奨しています。
2024/05/18 Ellen Wan

心を空にすると健康に?感情表現の脳への影響

あなたが悩んでいるときに、話を聞いてくれる友人や家族はいますか? 自分の心の中を誰かに話すのは恥ずかしいと思っていませんか? 誰かに話を聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果があります。

超加工食品をやめて何を食べる?ヘルシー選択肢

超加工食品は人々に好まれていますが、研究で、このような食品は健康被害をもたらしがちだとわかりました。しかし、現在人に取り巻く環境から超加工食品を排除することも不可能に近いと言えるでしょう。
2024/05/15 李言

楽しく生活して認知症予防:20年の先行きを変える方法

近年の研究では、アルツハイマー病患者は症状が現れる数年前から脳に病変が生じ始める可能性があることが示されています。したがって、認知症や行動の予防は老化してからでは遅すぎます。日本の専門家は、40代から予防策を取ることを提案しています。
2024/05/12 Ellen Wan

コロナ後遺症のブレインフォグ 食事療法やツボ押しで改善

ブレインフォグとは新型コロナウイルス(COVID-19)の後遺症の1つで、まるで頭の中に霧がかかったように「ぼんやりして、物事が思い出せない状態」を指す言葉です。
2024/04/25 Ellen Wan

断食で健康アップ! 注意すべき人も?

断食(だんじき)には、さまざまな健康促進効果があると言われています。確かに、断食することで体重を減らし、空腹時血糖値を効果的に下げるとともに、認知機能を改善し、脳や心臓を保護することができます。
2024/04/16 Ellen Wan

脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(Michelle Braun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語っています。

不眠症は認知症や肥満の原因に!? 漢方医が推奨する5つの改善方法(1)

睡眠不足が長く続くと、太りやすく、肌の老化が進むだけでなく、免疫力が低下し、認知症や心血管疾患などのリスクが高まります。 副作用の多い睡眠薬に比べ、漢方は適切な漢方薬や鍼灸治療で様々な種類の睡眠障害を安全で効果的な治療ができます。 また、睡眠障害改善のため、伝統的な食事療法や、簡単で実用的な自然療法をいくつか紹介します。

睡眠不足が認知症や肥満を招く 睡眠障害を解決する5つのヒント(2)

睡眠障害の最も直接的な影響は、睡眠不足によって疲れやすくなることです。 さらに、睡眠障害は7つの深刻な害を引き起こす可能性があります。
2023/07/25 劉淇晴, 呉国斌

断食がコロナ&ワクチン傷害の症状改善、アルツハイマーやがんにも有効(上)

現在、新型コロナ後遺症やワクチン傷害を治療する多くの医師が、断食(ファスティング)に全体的な症状改善の可能性があることを示唆している。
2023/07/03 Marina Zhang

研究:新型オメガ-3オイルによる糖尿病眼部病変の改善が期待される(2)

オメガ-3脂肪酸は目の瞼板腺を改善し、ドライアイを緩和する可能性があります。また、近視と黄斑変性患者にも役立つことが証明されています。しかし、目に直接塗布しても効果があるという科学的な証拠は不足しており、局所塗布に関する研究が必要であるようです。
2023/05/22 George Citroner

歩きながら話すのが難しい? ハーバード研究:認知症の前兆かも

アルツハイマー病(一般的に認知症として知られている)は、高齢者の一般的な退行性の脳疾患であり、関連症状を早期に発見することがその後の治療に役立ちます。新しい研究によれば、歩きながら話すのが難しい場合、これは脳の認知能力の低下の兆候であり、さらには認知症の前兆である可能性もあります。

誰かに相談すると病気になりにくい? 脳の老化を遅らせ、認知症を予防する(1)

あなたの周りには、悩んでいるときに話を聞いてくれる友人や家族がいますか? 誰かに心の内を打ち明けるのが恥ずかしいと思うことはありませんか? 誰かに聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果が出ています。
2023/02/22 蘇冠米

有益な作用のある【クルクミン】6つの方法で効果倍増(3)

生のウコンでも、クルクミンの吸収率は非常に悪いのです。一般に、クルクミンは体内で1%しか吸収されず、95%の濃度のサプリメントでも1%しか吸収されないと言われています。研究者たちは、経口、静脈内、皮下、腹腔内などさまざまな送達方法と、バイオアベイラビリティを最適化するためのさまざまな製剤について研究してきました。
2022/12/12 Joseph Mercola

有益な作用のある【クルクミン】6つの方法で効果倍増(1)認知症予防

クルクミンは薬効が高く、少量ずつ18カ月間摂取することでアルツハイマー病に関連する脳プラークを減少させることができることが明らかになっています。しかしこの強力な効果を発揮するクルクミンの吸収率は1%以下です。では、どのように摂取すれば、より吸収されやすくなるのでしょうか?
2022/12/08 Joseph Mercola

新発見!【アルツハイマー病】は自己免疫疾患だった

少し前に、カナダの科学者たちが、アルツハイマー病の原因について、自己免疫疾患である可能性を示唆しました。
2022/12/04 李路明

「祖父母は重要な保育者」子供とのコミュニケーションが寿命を延ばす

現在では、祖父母と孫が一緒に住んでいない家庭が多くあります。しかし、実は、祖父母と孫の関係が良いと、家族全体に相互利益があることが研究で明らかになっています。

「歩数よりもペース」ウォーキングは【認知症】のリスクを軽減する(下)

全体として、早歩きはがんや心疾患による死亡リスク、認知症のリスクなど全死因死亡率を下げる可能性が高いです。この見解を支持する研究は、他にも数多くあり、多くの発見が得られています。
2022/11/27 李路明

脳の老廃物を消すには横向きで寝るのが一番!! 認知症を予防する5つのコツ(2)

睡眠には大きく分けて、急速眼球運動(レム睡眠)と非急速眼球運動(ノンレム睡眠)の2つの段階があります。レム睡眠は、多くの人が夢を見る段階に当てはまります。ノンレム睡眠には3つの段階があり、最初の2つは浅い眠り、3つ目は深い眠りになります。
2022/11/20 Joseph Mercola

「歩数よりもペース」ウォーキングは【認知症】のリスクを軽減する(上)

「1日1万歩」は、有益な生活習慣であり、多くの人が実践しています。 しかし、1万歩を歩くといっても、人によってスピードが異なり、効果も大きく異なります。1万歩を達成するには、どのような速度や頻度で行うのがベストなのでしょうか。
2022/11/18 李路明

脳の老廃物を消すには横向きで寝るのが一番!! 認知症を予防する5つのコツ(1)

生活習慣は体のシステムの機能に影響を与え、睡眠は脳が毒素や老廃物を効率的に排出することに影響を与えます。
2022/11/17 Joseph Mercola

あまり知られていない? 非常に強力な緑茶の3つの効果

緑茶の効果は侮れません。この爽やかでおいしい飲み物は、糖尿病性末梢神経障害の患者の脳の覚醒を助けるだけでなく、ストレス耐性を高める効果があることが研究によりわかっています。注目すべきは、3つのより多くの健康効果を得られる緑茶の飲み方です。
2022/11/14

超加工食品の食べ過ぎは認知症のリスクを高める

健康な体を維持するためには、健康的な食事が第一とされていますが、加工度の高い食品は健康を害する可能性があります。 最近、新しい研究により、超加工食品が脳に影響を与え、認知症や認知機能障害を引き起こすことが分かってきました。

口腔の健康が糖尿病などと関係があった!?歯ぐきの奥の病気を見逃さないためには

歯と歯ぐきを病気にしないために、現代人は日頃から口腔衛生に気を配る必要があります。実際、口腔内の問題が歯痛や歯茎の痛みにとどまらず、食生活や全身の健康状態、生活の質にまで影響を及ぼし、最悪の場合死に至る危険性もあるのです。