米FDAも警告 抗うつ剤の危険性をご存知ですか?(1)

うつ病や不安神経症は新世紀の最初の1年間だけで25%も増加し、抗うつ剤の使用も一般的になっています。 [1] しかし、抗うつ剤には予期せぬリスクがあることが研究で明らかにされています
2022/07/23 朱厚伊, 林曉旭

認知症を予防するために「週3回は魚を食べましょう」(2)

脳の正常な血流を維持するには、心臓が健康でなければなりません。そこで、ぜひ食べていただきたい食品、摂取してほしい栄養素、実行したい生活習慣を中心に、「認知症にならない5つの方法」をご紹介します
2022/03/23

認知症を予防するために「週3回は魚を食べましょう」(1)

認知症は予防や制御ができないのではないかと思いがちだが、私たちが生活習慣を改善することで、最大40%の認知症を予防または発症を遅らせることができる
2022/03/22

ウコンは不思議な香辛料「あなたの肝臓を守ります」

ウコン(ターメリック)には抗炎症、抗酸化の効能があります。 ウコンパウダーを日常の飲食に効果的に活用すると、肝臓や心臓血管を保護することができます。
2022/03/15

董宇紅博士が語る神韻の奇跡「善良な心が、治癒力や免疫力を高める」(2)

ネバダ州のヘレン・シュミットさんは、肺機能が低下する持病があるため、酸素ボンベを持参して神韻公演を見ました。ところがステージを鑑賞した後、彼女は自ら酸素ボンベを外し、自然に呼吸している状態で友人らと歓談していました
2022/03/15

認知症は救えるのか?(2)  症状が現れたら調べてみるべき7つの原因

もし、あなたやあなたの家族が認知力を失い始め、認知症やアルツハイマー病であると医師が考えたらどうしたらよいのだろうか?米国の認知症ケア団体「シャープアゲイン」は、次のような原因がないか調べてみることを提案している。
2022/03/07

認知症は救えるのか?(1)  10人中9人の患者の症状を改善させたある方法

現在世界で3千万人が罹患し有効な治療法がないとされているアルツハイマー型認知症。デール・ブレーデセン氏は、自身の論文で、認知症と診断された10人の患者のうち9人が認知能力を回復した方法を紹介している。 
2022/03/06

認知症リスクを軽減する正しい寝姿勢とは?  横向きで寝ると脳の老廃物が排出

人は若いうちから認知症にならないよう、できることは何でもしておこうと思うもの。今回、横向きで寝ることが認知症のリスクを減らすことにつながるという新しい研究結果が発表されました。
2022/02/16

ハーバード栄養専門家が発表 記憶力と集中力を損なう5種類の食品

何歳になっても、健康的な食生活を始めるのに遅すぎるということはありません。年齢を重ねても、正しい食事をすることで、認知症(アルツハイマー病)のリスクを減らせます。
2022/02/13

お試しあれ 記憶力をアップさせる漢方的方法

世の中には、記憶力に優れた人がいます。例えばキム・ピークさんは、生涯で読んだ1万2千冊の本を一言一句間違えずに暗唱することができます。本を読む速さは、ひと目見れば読み取ることができるほどで、読んだ内容は決して忘れません
2022/01/17

麦の食事は、認知症や認知機能低下のリスクを低減する可能性がある

認知機能の低下は、人の老化を示す兆候のひとつですが、研究者によると、食生活を改善することで、認知機能の低下の速度を遅らせることができるといいます。
2021/12/17

心の中をぶちまけた方が病気になりにくい? 脳の老化を遅らせ、認知症を予防することができる

あなたが悩んでいるときに、話を聞いてくれる友人や家族はいますか? 自分の心の中を誰かに話すのは恥ずかしいと思っていませんか? 誰かに話を聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果があります。
2021/12/15

がんや脳卒中のリスク増大「今日から、歯周病を予防しましょう」

歯周病は慢性病の一つです。歯の脱落を招くだけではなく、心臓病、認知症、がんなどの多種の慢性病と高度に関連すると考えられます。2つの方法でプラークを抑制することにより、歯周病のリスクを効果的に減らすことができます。
2021/12/15

カレー粉は「奇跡のスパイス」その健康効果に注目!

明治時代に英国から日本へ伝わったカレーライスは、「日本の国民食」の1つと呼ばれるほど親しまれています。 インド人や日本人は、カレー粉を使った料理を好んで食べます。
2021/11/19