印刷版   

新疆取材の記者殴打事件に抗議=香港記者協会

 【大紀元日本10月1日】今年7月の新疆事件以来、香港の各メディア記者が新疆ウルムチおよび四川で取材した際に、当局武装警察に殴打、拘束されるなどの一連の暴力事件が発生したことに関して、香港記者協会は30日、香港外国人記者協会と共同で、香港各紙に抗議声明の広告を掲載した。北京当局および関連省・市に対して、報道関係者への報道の自由を尊重し、香港記者に謝罪するよう求めた。

 声明では、両記者協会が四川および新疆政府に対して、同事件についての全面的で公平な公開調査を行ない、記者が法律を犯していないことを明らかにし、過ちを犯した当局関係者への懲戒を行うことなどを要求している。

 声明はまた、大陸以外の記者が取材前に記者証明を取得しなければならないとするのは、報道の自由の精神に反すると訴え、北京中央政府に同規定を撤回するよう主張した。

 さらに、中央政府と最前線で活動する記者との間に健全で公なコミュニケーションのパイプを構築し、大陸への取材が円滑に運べるような配慮の必要性も強調している。

(翻訳編集・余靜)

 (09/10/01 08:58)  





■関連文章
  • ウィグル人抗議事件:中共が画策 民族対立させるため=ラビア氏(09/09/28)
  • ウイグル人の抗議活動再発 当局、戒厳令実施か=新疆(09/09/21)
  • <政権樹立60周年> 天安門殺人事件後、さらに厳戒態勢=中国北京(09/09/20)
  • <政権樹立60周年> 北京大閲兵、強制参加の大学生らが抗議(09/09/19)
  • 新疆ウルムチ抗議事件、国外メディアはこう見る(09/09/13)
  • <新疆ウルムチ抗議事件>自治区党書記の解任を促す、国内外多民族連合書簡、軍人も署名(09/09/11)
  • 新疆で取材中、警察から殴打 香港記者協会が抗議(09/09/10)
  • ラビア氏所有のビル撤去、抗議活動再発の導火線に=中国新疆(09/09/08)
  • 【続報】漢民族抗議デモで5人死亡、4日もデモ再発=新疆ウルムチ(09/09/05)
  • 漢民族数万人デモ、治安悪化に抗議=中国新疆(09/09/04)
  • 新疆事件、196名のウイグル人が拷問により死亡 ラビア議長が発表(09/08/27)
  • 戦車の前に立ち塞がったウイグル人女性、弾圧の状況を明かす(09/08/03)
  • 緊急シンポジウム「ウイグルで何が起きているのか?」:期待するのは「毅然とした日本」(09/07/29)
  • ウイグル抗議事件、導火線は高層権力闘争か(09/07/27)
  • 情勢安定化のため武装警察13万人に増員=新疆自治区(09/07/24)