TPP参加11カ国、協議進展で合意=最終声明草案

2017年11月11日 09時11分

[ダナン(ベトナム) 11日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)に参加する11カ国が協議を先に進める方策で合意したことが当局者の話などで明らかになった。

TPP参加国はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ10日に首脳会合を予定していたが、複数の関係者によるとカナダのトルドー首相が姿を見せず、安倍晋三首相は同日、11カ国の首脳会合が延期されたことを明らかにしている。

TPP参加11カ国は11日に最終声明を発表する予定。ロイターが入手した声明の草案によると、担当閣僚は「CPTPP」と呼ぶTPPの中核的な要素では合意したと表明。ただ「署名に向け最終的な文言を整備する」ために合意が必要な分野でテクニカルな協議は依然として必要との認識も示された。11カ国が署名する時期に関する記述はない。

カナダは9日の閣僚会合での大筋合意に異議を唱えていたが、同国の当局者は問題対処に向けた「枠組み」に賛同したとしている。カナダは参加11カ国の中で日本に次いで大きな経済規模を持つ。

*写真を追加して再送しました。

^