杭州: 定年退職者ら千人抗議デモ

2005/10/27 06:46
【大紀元日本10月27日】中国杭州市の解放路で20日朝、1000人あまりの定年退職者らが集結し、抗議デモを図ったところ、500人以上の警察に暴力で押さえ付けられ、強制退去されたことが調べにより分かった。組織者の5人は前夜にすでに当局に逮捕され、デモが鎮圧された後、5人は釈放されたという。

 デモの参加者によると、集結したのは、50年代から数十年も国有企業で働いていた定年退職者で、現在は、わずかな年金しかもらえず、生活がまったく保障されない状況であるという。各政府部門に何度も上申書を提出して陳情し続け、改善を求めているが、政府側がまったく取り合ってくれなかったため、本年6月2日、杭州市市役所前で集会を開き、政府に理解を求めたが、政府側責任者の指示で警備員らに暴力を振るわれ、全員が強制退去されたという。政府側の関係者の暴行を上層部に訴えたが、4ヶ月経っても、まったく解決の糸口がみえないため、今月20日のデモを計画した。組織者が13日に、デモの提案書と申請書を杭州市公安局と市直訴局に提出したが、デモ前夜の19日に、5人の組織者が逮捕された。

 20日午前8時ごろ、1000人あまりが予定通り解放路に集まったが、組織者が逮捕されたことを聞くと、怒りが頂点に達した。しかし、現場はすでに当局に封鎖され、警官500人が厳重配備していた。同9時ごろ、強制退去させ始め、抵抗する人や、行動不便の高齢者に対し、警官たちは罵声を飛ばしながら、暴力を振るっていた。同11時半ごろ、全員が現場を離れた。

 釈放された組織者5人は現在も監視されているという。

 (記者・辛霏)


関連特集

関連記事
注目記事
^