アゼルバイジャンで旅客機事故、23人死亡

2005年12月24日 23時52分
 【大紀元日本12月24日】アゼルバイジャン当局は23日、アゼルバイジャンAn-140型旅客機が首都バクーから飛び立った直後に墜落し、乗客18人と乗組員5人の23人が全員死亡したと発表した。中央社が伝えた。

 当局の発表によると、旅客機はバクーから西へ40キロのところに墜落したという。墜落原因は現在調査中。

関連キーワード
^