印刷版   

 8月20日、イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請。写真は、閣議に出席する首相。代表撮影(2006年 ロイター)

イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請

 イスラエル首相官邸は20日声明を発表し、同国のオルメルト首相がイタリアに対し、レバノンに展開する国連レバノン暫定軍(UNIFIL)を率いるよう要請したことを明らかにした。

 この要請は、首相がイタリアのプロディ首相との電話を通じて行ったもの。フランスは、200人以上の増派に消極的な姿勢を示していることから、オルメルト首相の要請によりイタリアが部隊を率いる可能性が高まったとの見方が出ている。

 首相官邸の声明は「イタリアが(UNIFILを)先導するとともに、レバノン・シリア国境の通行を監視するためにも部隊を派遣することが重要だ」と指摘している。

 フランスは、200人の増派を行うとのみ表明。拡大後の国連軍でフランスが主力を担うと期待していた米政府や国連からは失望の声が出ている。

 イタリアは、派遣を用意している部隊の具体的な規模は明らかにしていないが、政府当局者らは、その規模は派遣国のなかでも最大級の最高3000人前後になる可能性があるとみている。


[ロイター20日=エルサレム]

 (06/08/21 15:58)  





■関連文章
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)
  • 国連安保理、レバノン停戦決議を全会一致で採択(06/08/14)
  • イスラエルとレバノン、14日停戦で合意(06/08/13)
  • 伊警察、航空機爆破計画発覚後の警戒強化で40人拘束=内務省(06/08/12)
  • 中国官製メディアの中東戦争報道から見る「中共のテロ支援」(06/08/12)
  • 多芸多才のミケランジェロ(06/08/10)
  • イスラエルがレバノン地上戦拡大を決定、ヒズボラは反撃強化へ(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=9日現在(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=8日現在(06/08/08)
  • レバノン停戦決議案、安保理による早期採択を望む=ブッシュ米大統領(06/08/08)